ものづくりノート

すたじおKoki'o(すたじおこきお)の仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生です。

汗だくで描いたサルエル風パンツの製図、実際に縫ってみました。
もちろん、縫製作業だって汗まみれ。

だけど、

サルエル風パンツ01 前スタイル
(クリックで画像拡大)

できたお品物は涼しげだぞ〜〜〜〜〜♪


サルエル風パンツ02 横スタイル
(クリックで画像拡大)

横からのスタイル。
ちなみにブラウスは、昨年の夏に作ったもの。
素材は綿の楊柳ようりゅうで、これまた涼しげ。


サルエル風パンツ03 後ろスタイル
(クリックで画像拡大)

下膨れなパンツの裾であります。
この膨らみを上の方にするか下の方にするかで、ずいぶん印象が変わりますが、今回はこれでよろしいですかな。
何より私が気に入っている!!

この生地、かなりのワケあり品でした。
インド綿のサッカーですが、織りの不良箇所だらけで。
さすがにこれは、店側も了承して買えよというスタンスでしょうから、いちいち広げて検品しまくりました。
そうやって買ってきたもので、しめて300円。へっ(笑)

まっ、試作にはもってこい。パジャマにでもしようと思っていたのですが。

仕上がったら、それなりに良い感じになっちゃったじゃん!
やっぱり外着にします。

だがしかし。
洗ったら色落ちしそうな悪寒 (-_-:)(-_-:)(-_-:)

PageTop
手術で切った部分が、ようやく繋がってきたか?
退院後、立ち仕事などをしているとすぐに腰が痛くなっていたのだが、どうやら少しずつ腹筋が復活しつつあるようで。

(※)つまり、体は腰の筋肉だけでなく、腹筋でも支えているらしい!

気付けば、先週の半ばくらいか、ある程度の時間ならば痛みを感じなくなっていた。
もうホントに身体の回復は、「気付いたら」という場合が多く、急激にどうこうなるわけではない

少しずつ少しずつ、治癒しているのだな。

とはいえ、8.4kgのロックミシンを持ち上げて30メートルほど歩いたら、傷口が痛み出し、しばらく痛みが取れなかった(アホ!)。

バカヤロウ! まだまだ調子に乗るんじゃねー!!
ですな。

・・・・・・

さてさて話は変わって、
新しい型紙を作ったので試作!

タンクトップ試作 前側
(クリックで画像拡大)

タンクトップ試作 後ろ側
(クリックで画像拡大)

生地は綿85%、麻15%の混紡。
Mサイズ程度なら110cm幅、1mで作れるのがうれしいところ。

裾はカーブを描かないで真っすぐ裁ち、前後の長さが違うのが、最近の流行だね。


タンクトップ試作 後ろの開き部分

後ろ開き部分。
糸ループでボタン止めを作った。
ボタンは木製。

襟ぐりと脇部分は、バイアステープで始末。
既製服に多いやり方だが、一点物でこれをやると、面倒なだけで仕上がりイマイチ・・・(とゆーか、私の技術の問題か?)。
次は見返しで始末しよう。

まだまだ経験すべき行程がたくさんある。
とかく、洋裁は奥が深い。

PageTop
ただいま、術後のリハビリ中。
経過は良好だが、しかし、未だピリピリと痛む腹っピリ。

のり城Laboにて。

御礼の品は、このミシン(Singer188 Blue Chanpion)で作った

足踏みミシンを使って、


御礼の品々
(クリックで画像拡大)

ひたすらポーチを作りまくる。

腹っピリ!

痛い、いたいよ。
作業に集中すると忘れるが、一段落すると「イテテテテ」。

やっぱり足踏みミシンは人力なわけで。モーターで動くのとは違うわけで。
歩くのと同じ・・・いや、それ以上に腹に力入ってるだろ
いい運動?

いやいやいやいや、無理はせぬように!!

さて、このポーチ。
職場の人々や、お世話になった人々に御礼の品として渡そうと思っているのだが、
もしかするとー、こういうのってー、あんまり受けない??

親や相方に見せたら、反応が微妙。
自信なくなってきた・・・(>_<)

PageTop
やっぱ、そういうことでしょう。
作りました。
(写真は、クリックで画像拡大)

冬でもアロハ01

生地は、昨年11月のハワイで購入したフリース。
いくらハワイでも、ハワイアン柄のフリースはそうはないのよ。
だから、気に入ったら、とにかく買い!!


冬でもアロハ02

ボーは、このようにもアレンジ可能。


冬でもアロハ03

後ろ姿。

なかなか良いデザイン。
いろんな生地で作ってみる価値あり。

PageTop
この間起こした型紙を元に制作。
(写真は、クリックで拡大画像)

アロハ・チュニック01

全くもって生地食いなデザインで。
横幅が十分にある生地でないと、まるまる取れない。
この生地は90cm幅。広げてみて頭を抱えた。

苦肉の策として、「わ」にするはずの中心を縫い代付きで裁断し、繋ぐ。
ただ繋ぐだけじゃつまらないので、赤い糸でロックミシン。
ミシンステッチは隠さず、飾りとして見せる演出。

・・・写真じゃ、見づらいね〜。

生地も、裏側(白)を使ってツートンカラーとした。
出来上がってみたら、意外と面白い雰囲気に。

アロハ・チュニック01

後ろが長い。

ワンポイントとして、数年前にイベントで買ったハワイアン柄のワッペンを縫い付ける。
けっこうな枚数がコレクション化し、裁縫箱の肥やしになっていたが、ようやく日の目を見た。

PageTop