ものづくりノート

すたじおKoki'oの仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生です。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

クランクセットを買った

9月3日、黄色Pie用のクランクセットを購入。
パークツールの工具も一緒に購入。

クランクセットを買った01 パッケージと工具

SUGINO OX801D Compact Plus+
うやうやしく豪華な箱に入ってるもんだね。
ってことは、黄色Pieに付いているのも元々そうだったのか。知らんかった。


クランクセットを買った02 パッケージを開くと

デカい箱には、このクランクならではの理由がある。


クランクセットを買った03 全部品
(クリックで画像拡大)

オール部品。左から、BB(ボトルブラケット)、左クランク、チェーンリング付き右クランク。
クランクはシマノでいうホローテックタイプで、左右クランクを繋ぐシャフトが右クランクに取付けられている。
だから、バラバラの時には場所を取る。

クランク長さは160mm。チェーンリングは44T30T
ちまたでは、「乙女ギア」と呼ばれているらしい。
要するに貧脚向けの製品(汗)

現在使用中のクランク長さは165mm。
最近、長くて回しにくく感じるようになった
チェーンリングは46Tと34T。
十分コンパクトクランクなのに、私、このギアでは激坂を登れない
それどころか平地でさえ、スプロケ(11T-28T)の半分から内側しか使わない

どー考えても合っていないよなー。

クランクセットを買った04 チェーンリングの裏側
(クリックで画像拡大)

ということで、こいつの出番である。

内側に36Tと34Tを取り付けるための印がついているが、今付いているのは30T。
なんとこのクランクは、PCD(Pitch Circle Diameter=フロントギア板を固定するボルトを結ぶ円の直径(ピッチ円直径))110Sのギアだけでなく、さらに小さなギア(74S)を取付けられるのだ。

だから、買うことにしたのだけど・・・高いっ!すんげー高い
言ってみれば、クランクだけデュラエース並みである。

その価格、少し高めのママチャリが1台買える(汗)

こんなタッケーもの、本当は買いたくなかったのに、必要なクランク長とチェーンリングの組み合わせを考えたらこれしかなかった・・・。

もう、自分が小柄で貧相であることを何回呪えば良いんだよ。。。orz


しかし、ありがたいことに、8月は私の誕生日!
方々からプレゼントとして、現ナマをいただく機会に恵まれた。
それをシコシコ貯めたからこそ購入できたである。
みなさん、本当にありがとう!

PageTop

ゼファー整備の続き(まだ終わらない)

7月19日に、ハンドルが届く。

ピンクの整備01 日東B102AAFが届いた

日東B102AAF サイズは、410mm。
青いロゴの袋が新品の証。
何だかうれしいやね。


ピンクの整備02 ハンドル幅比較

B136の42mmと比較。
だいぶ幅が違うでしょう。かなり感じが変わるでしょう。


ブレーキワイヤーも外されているし、今ならホイールも外しやすいので、ついでに後ろのタイヤのチューブを点検。

ピンクの整備03 新旧チューブ比較

新旧チューブの比較。
左が新しいパナレーサー、右が古いユッチンソン。
やっぱり、異常があったね。


ピンクの整備04 チューブが変形している

ほれ、この段差。


ピンクの整備05 チューブの痛み

なぜかここを境にゴムがヒビだらけになり、異常に膨らんでいる
これが原因でタイヤが真円にならず、乗り心地に影響していた。
このチューブ、近いうちにバーストするだろうな。

ということで交換。


ピンクの整備06 ブラケット調整

ブレーキケーブルを取付け、自宅周辺を試走、また外してブレーキレバーのブラケットの位置を調整して、を繰り替えす。

面倒な作業よのぅ。


さて、大方納得したので、今度は通勤時に試乗してみた。

ピンクの整備07 通勤試乗

すると、また違った感触が。

バーテープ無しでクソ疲れたーー!!ってのはおいといて。
やっぱりステムがまだ高い
このままだと、体重の載り方がうまくないし・・・

もらった物で安く済ませようと思ったが、不満を抱えたまま仕上げたくはないよねぇ。

ということで、もっと短いステムが欲しいわけだ。
今度も日東にしたいところだが、自分の欲しい形状とサイズが予算の範囲にない
他メーカーのを物色することにする。

あぁ、早くバーテープ巻いちゃいたいんだけど・・・(滑るわ痛いわでたまらん)。


しかし、お金かかるぅーーーー!

いや、トータルで考えたら、黄色Pieの方が断然高いよ!
ピンクゼファーは、たいしてお金かかっていないはずだよ!

なのに、このチビチビ消えるお金というのは・・・効くんだわ
果てしなく終わりがない・・・うー。

PageTop

ミニ工具

RITOの「り」さんから、誕生日プレゼントとしていただきましたっ!ありがとう!
しかし、誕生日は1ヶ月先なんだけど。。。

ミニ工具
(クリックで画像拡大)

右のコストコ会員証は、比較用で大意なし。

しかし、よくまとまっていると感心しますが。
常用する六角レンチも、みじかっ

こんなちっちゃい工具、いざとなった時に使いこなせるのか(力が入るのか)、心配でもありますわー。

PageTop

ゼファーのステム交換

7月8日。ゼファーのステムを交換することにした。
実は以前、Pieで余っていたのをもらったのだった。
ようやく重い腰を上げたというわけで。

ステム交換01 ハンドルから外す

スレッドステムは、ハンドルから外すのが知恵の輪
上手にやらないとハンドルが傷だらけになるので、頭をよく使おう。


ステム交換04 ステム高さ比較

左が今まで使っていたステム。NITTOのロゴしか入っていない。
カタログでよーく見る限り、日東テクノミックだと思う。
しかし現行カタログには、コラム長さ190mmの製品は載っていない。

右がこれから使うステム。たぶん、日東ダイナミック
コラム長さが160mmなので、現行カタログでいうNY3-70(鋳造アルミ)と推測。
ベルを直付けできるよう、横に穴が開いている

新しいステムを取付けると、コラムの高さが約30mm下がることになる。
ポジションは大分改善するだろう。


ステム交換02 交換前

交換前。


ステム交換03 交換後

交換後。


ステム交換05 まだ高いなあ

惜しい! まだ高い。
もっと高さの低いステムを使えば良いだろうが、しかし、これ以上下げたらカッコ悪くないか?
やっぱりこのフレーム、デカいんだっちゅーの!

(と思ったが、アヘッドステムなら、フレームのヘッドからギリギリ顔を出しているのも、あるにはあるね・・・)


さて、ついでに、ずっと目障りに思っていた・・・

ステム交換06 ついでに外す

ヘッドパーツに挟まっていたこの金具を外した。
多分、前かご用のステーだろうが、途中でちょん切られていて無用の長物。


ステム交換07 B136-42だった

そしてハンドルを見やると、日東 B136の 幅420mm だったことが判明。
下ハンドルの広がり角度が80度。ロードのマースバーに近い使い心地のランドナーバーだが、おかげで420mmじゃ広いわけよ。
6年前の関戸橋フリマ(記事こちら)で見つけて大喜びで買ったのだが、当時はサイズのことまで考えなかったのよね。


ステム交換08 ここで部品待ちとする

ということでせっかくバラしたのだし、作業はまとめてやってしまいたいので、思い切ってハンドルも交換することにした。
なぜか最近は 自転車部品も売っているヨドバシカメラB132AAFの幅410mm を注文。
今度のランドナーバーは、もっと広がり角度が大きいわよ〜!
作業はひとまず、ここで休止。

PageTop

そして、自転車を借りてきた

Pie製24インチWO小径車。

ピエ 24インチ小径車
(クリックで画像拡大)

相方は小径車好き。
2008年、初代Brunoに一目惚れし、初めてのスポーツ車として迎え入れた。

しかし、街乗りには良いが、遠出となると20インチ(20HE)は苦しいとのこと。

で、ツーリングに最適なランドナー的スポルティーフをオーダーすることになったのだが、それでも小径車好きの虫はうずく。
以前から、ちょっと大きな24インチ仕様が気になっていたようで・・・そんなモノは市販車にはないけど。

Pieに行ったら目の前に置いてあったので、話をしているうちに 借りられることになってしまった♪

次の工房訪問まで、どんなもんか試し乗り〜♪
残念ながら、私には大き過ぎて全く乗れぬ (ToT)
仕方ないから、フレームの拭き掃除をして、リアディレーラーとチェーンに油を差しておいた
週末に洗車するお父さんみたいだな (-.-)

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。