ものづくりノート

仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生をやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

RICOH GR PARTYに行ってきた

10月9日、リコーGR DEGITAL発売5周年を祝うGR PARTYが開催された。

GRパーティ01

会場は表参道ヒルズ、スペース・オー。


GRパーティ02

賑やか。


GRパーティ03

写真が展示されていたり、GRを特集した本などが販売されていたり。


GRパーティ04

カメラおじさんはもちろんのこと、表参道という場所柄もあってか、その手の業界人たちも集まっていた様子。


GRパーティ05

当日のプログラムは、この通り。
14:30からお披露目されるというバースデイ・ケーキが気になって仕方なかった。
(残念ながら、この時間まではいられなかったのよ)


GRパーティ06

当日、会場に行った人限定ファームウェアのアップグレード・コーナー。


GRパーティ07

銀塩カメラGR-1から続く、リコーGRシリーズのカメラがずらり。


GRパーティ08

イベントの様子は、こんな感じ。


GRパーティ09

GRのためのオプション製品を販売する企業も出展していた。

これは、ガムテープ・バッグを製作する作家さんのブース。
なんと、作家さんにも会えた!
この人の本を買って、自分でもガムテープ・バッグを作っていた私は、大感激!


GRパーティ10

実機お試しコーナーでは、GRではなく、GXRを触り、ついつい熱くなる。
うれしくなって、いろいろ質問しまくるうち、
そんなに沢山のリコー製品をご愛用でしたら、ぜひGRも一つお買い上げください♪」
と言われてしまった(汗)


GRパーティ11

楽しいイベントだった。
GRというカメラだけで、これだけの人を集められることがすごい。
改めて、ブランド力というもののすごさを知る。


GRパーティ12

おまけももらったしね♪
この日の出席を事前登録していた人限定の、GR切手。
それからiTunes Storeで使える、1曲分無料ダウンロード・カード。

PageTop

GX200を借りられることになりました

おかげさまで、HYさん所有のRICOH GX200を借りられることになりました~ (^_^)v
ありがとうございます!!

いやぁ~、願えば叶うもんですね~。

借りたGX200

GXRはこの辺の店でも触れるので、あとはGX200を触りたいと思っていたのですヨ!
そんな時に、願ったりかなったりのお話。
まさに、引き寄せ効果ですわぃ♪

PageTop

天才画伯な、このカメラ

RICOH Caplio R1v
私の愛機です。

画才デジカメ01

2005年1月発売。
私が買ったのは、4月か5月ごろ。
以来、毎日毎日ガツガツに使い込んでます。


画才デジカメ02

おかげで押しボタンにプリントされていた文字が、すっかり消えてしまいました。
ADJとか、削除とか。
ま、その辺は何となく手が覚えていますから、適当に操作すればいいんですけど。


それより、この方。
最近すごいのです。

画才デジカメ03

見て下さいよ、この液晶画面!

まるで、ガッシュか不透明水彩絵の具でペタペタ塗ったような味わいがあります。

もう、間違いなく、天才画伯です。


生成されるデータは問題無いですよ。
でも、撮った写真のピント確認が難しい。芸術的には素晴らしいんですけど・・・。

うーん、そろそろ現役引退かしらねー、老画伯。


そんなワケで。
次にお迎えするカメラも考え始めてます。
今まで、PENやらI-10やら、いろいろ言っていたのですが、それは空想遊びだったかもしれない。。。
結局やっぱり、リコーのカメラにしてしまいそうです。
今回は、一般コンデジからグレードアップを考えていて、GX200か、GXRを候補にしています。
GX200は設計が古くなっていそうなので、将来性を考えると、GXRですかね。

誰か、使っている人いませんかー?
いたら、使い心地教えてね。

とはいえ、このR1vさんには、ホント感謝してます
どんな時にも、必ず私の側にいて、何でもかんでも記録してくれていますからね。

PageTop

ポラロイドフィルムは、なくならないよ

連続カメラネタ。

既に、本家のポラロイド社が製造販売を中止してしまったフィルム。
2010年に再び販売されるべく、立ち上がった人々とプロジェクトがあります。
計画は着々と進行中。

まだ知らないみなさん。自分のポラロイドカメラを処分しないようにね。

SAVE POLAROID JAPAN

ポラロイドは存続

PageTop

オリンパス ペンが帰ってきた

昨日の発表を見て、久々にクラッときたデジカメ。
(詳しくは、右側のブログパーツから見て下さい→
または、オリンパス ペンE-P1の特別サイトへ)


ペンと聞いて、懐かしいと思う人はたくさんいるだろう。
今年はペン誕生50年。
この時期に、うまいことぶつけてきたなあと、感心しきり。
姿も往年のペンの姿を彷彿とさせ、ますます欲しい、と思ってしまった。

オリンパス ペン

写真は私の愛機、ペンD2。
隣にいるのは、XA。
どちらも小さなカメラ作りを得意とするオリンパスの傑作だ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。