ものづくりノート

仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生をやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

河口湖キャンプ (その2)

8月18日。

河口湖02-01 キャンプ場でのテント

ニューブリッヂキャンプ場
1970年代に営業が始まった老舗。
河口湖沿いにあるが、フリーサイトは林間。

林の木は針葉樹に見えるが、落葉樹とのこと。
落ちた木の葉で地面はふわふわ。気持ちが良い。


河口湖02-02 キャンパーたちのテント

初日は、ヨーロッパ系であろう英語を話さない白人家族、中国語を話す家族(中国人か香港人か台湾人かは分からない)が滞在。
まさかキャンプ場にまで外国人旅行客がいるとは!


さて私たちの場合、キャンプのためのキャンプではなく、観光のための「寝床」としてキャンプを張っている。
なので、この場所にはほとんどいないんだなー。

ということで2日めは、西湖方面へ。
周遊バスに乗ってLet's GO!


西湖コウモリ穴で下車。
青木ヶ原の樹海が広がる地。
約1時間のネイチャーツアーに参加。

河口湖02-03 樹海ツアー

これは絶対のお勧め。500円。

富士山麓と樹海の成り立ちや仕組みを頭に入れたところで、ツアーはおしまい。
今度は自分たちでトレッキングに出かける。

河口湖02-04 溶岩ドーム
(クリックで画像拡大)

溶岩ドーム。
樹海の中には、このような大穴が沢山ある。
つまり、脆弱な地盤に沢山の木々がひしめき、生存競争しているわけ。


コウモリ穴!

河口湖02-05 こうもり穴にて

ゆけ!ゆけ!川口浩〜♪

今まで様々な洞窟に入って来たが、これだけ狭い場所は知らない。
ヘルメットがないと、本当に頭を打ってしまう。


河口湖02-06 樹海トレッキング

青木ヶ原の樹海。
遊歩道から外れなければ、怖くない。
大いにマイナスイオンに溢れた素晴らしい場所である。

「河口湖キャンプ(その3)」へつづく

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。