ものづくりノート

仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生をやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

卓上織り機に迷う

南風原の琉球かすり会館での手織り体験、本当に楽しかったんだよね。

fc2blog_201502240020464f6.jpg


自宅でもやりたいな〜と思い、卓上機の情報を集めていると、出るわ出るわ
機種が多くて、選ぶに選べない

こういう機材って、現物を見たり試せる場所が少ないから辛いよね。

その中で、Youtubeで閲覧できる機種〜経糸(たていと)を張り、仕上げるまでの行程が分かる3機種〜を絞り込んだ
この3機種、織り方は大差ないが、経糸の張り方にそれぞれ特徴がある
(リンクは全てYoutubeの投稿映像)

●アシュフォードの織り機(数あるうちの1機種)
経糸を綜絖の穴に通してセットするクローズドリード式
伝統的であり、基本形か? メーカーに関係なく、このタイプが一番多い。長尺の時は経糸を張るのに苦労しそう。

●織り機イネス
経糸を綜絖の上から引っ掛けてセットするオープンリード式
最も原始的に見えて、実は意外と使いやすい?
綜絖はクルッと回すだけのよく考えられた機構だが、緯糸(よこいと)の打ち込みを櫛でやるので弱い?
簡単な物なら良いが、本格的な用途には?

●クロバー 咲きおり
同じく、オープンリード式。
整径と糸かけが同時にできる。経糸が最も簡単に張れる方式らしい。クロバーの特許とのこと。
これはスゴイと思うが、織り機の見た目がちょっと良くない。
それから他の織り機に比べ、経糸が緩みやすいという意見もあり。

以上。
結局私には、どれが向いているんだ??

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。