ものづくりノート

仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生をやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

限定スピーカーユニット



FOSTEX FE103-Sol
FE103販売50周年を記念して発売されたアニバーサリー・モデル。
これが最終ロットになりまぁす〜♪

何とか間に合った。




ただいまこんな状態で試聴ちう。無事に音が出て良し!

しかし、こんな低音スカスカ状態でも、素性の良さが分かる。とくに高音!
これならばクラシックも行ける!と、ビバルディ流してますわ。

うん十年前、DIATONE P610DBを買った時のことを思い出すなあ。。。

問題は箱だが・・・。
当初、かんすぴのユニットを外して、これを取り付けようかと思っていたが。
双方を聴き比べたい気もして、もう1ペア同じ箱を用意するか考え中。

本来はかんすぴより一回り大きいのが推奨サイズだが・・・箱の完成品は万単位でお高くて。。。
そんな既製品買うなら、一から自分で作りたいよの~
でも、そんな時間もないから間に合わせでいいの〜(矛盾)。
だったら、かんすぴ箱!?

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

FOSTEXかぁ

懐かしいなぁ。
今もFE103Σのバックロードホーンを持ってるよ。
つい二三年前には、友達から借りたコーラルBETA8のバックロードホーンのエンクロージャーに、FOSTEX206Σ突っ込んで鳴らしてましたよ。
昔は色々なメーカーから10cmフルレンジが出ていたから、買っては試聴してました。
手頃で侮れない音質が出せたのが良かったね。

のっちゃん | URL | 2015-03-14(Sat)15:34 [編集]


同じ趣味

のっちゃん、興味を持つところが私と似てますねv-389

コーラルのBETA 8・・・ヤフオクで見かけるので、この間調べていました。
何時の間にか倒産していたんですね、コーラル。オーディオ業界キビシー。
秋葉原も様変わりするわけだ。

当時の御三家で残ったのは、FOSTEXだけですね。
今は台湾のTangbandや、中国のMarkAudio等のユニットが自作派御用達らしい。すっかり勢力が変わってしまいました。

バックロードホーン、全くの未体験です。
製品では、BOSEのスピーカーに近い設計のがあるかな?

のり | URL | 2015-03-15(Sun)13:29 [編集]


バックロードホーン?

30年前は(実際はもうチョイ前)カーオーディオからスピーカーに繋ぐケーブルを、まだまだ出立ての日立LC-OFCを這わせては音を楽しんでました。元々CORAL BETA8は、友達のを借りてたんだけど、娘が小さかった20年程昔に星形ディフィーザーの周りのコーンを鷲掴みにしてしまったので…しかしCORALもその頃は既に…  代わりにFOSTEX弁償して無理矢理突っ込みました。

バックロードホーンは、その昔真空管アンプや低出力アンプしか無かった頃に、効率の良いスピーカー(100db/m前後有ったかな)を使って鳴らす為に流行った感は有ります。
立ち上がりは良いけど不足気味の低音を補うのにバックロードは重宝されたんですよねぇ〜きっと。

然しながら其の音はエンクロージャーとスピーカー、ケーブル、吸音材、設置条件で音が随分変わり、上手くセッティングしないと泥沼に嵌ります。音の予想外のエンクロージャー内での打ち消しや妙な増幅が有ると苦しい…
挙句の果てに音楽ジャンルを選ぶので、一般的にはお勧めでは無いかな…

個人的にはFOSTEXよりもCORALの方が好みでした。ミニコンてBGM位の音量で鳴らすなら10cmフルレンジのバックロードも有りでしょうね。

のっちゃん | URL | 2015-03-15(Sun)22:12 [編集]


コーラル

結局、聴いたことないんですよねー。
当時は、後にも先にもダイヤトーンP610DBだけでした。
それだけで大満足で。

P610DB。今はそのガタイ故に、実家に放置状態です。もったいない。
このご時世、大きな箱は維持するのに困ります。

最近は10cmユニットが主流のようで、バックロードホーンのキットもけっこう販売されていますね。
長谷弘工業http://www.hasehiro.co.jp/)とかね(高級!)
いつかは作ってみたいなあ、と思っていますが、何時のことやら。

のり | URL | 2015-03-16(Mon)11:15 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。