ものづくりノート

仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生をやってます。

日比谷公会堂オープンデー

8月2日。日比谷公会堂が一般公開されました。
(写真は全て、クリックで拡大)

日比谷公会堂オープンデー00


情報源は、このチラシ。

日比谷公会堂チラシ

銀座の奥野ビルに立ち寄ったら、置いてあったのです。それもイベント当日に。

こりゃあ奥野ビルが、「こんなのがあるから、行ってらっしゃい」と、背中を押してくれたわけで。
となれば慌てて日比谷まで、レッツラ・ゴー。


日比谷公園は、秋の鉄道フェスティバルなどで何度も訪れていますが、
公会堂は全くのノーマークでした。

日比谷公会堂オープンデー01

昭和4年落成。
奇しくも、同潤会上野下アパートと同い年。


日比谷公会堂オープンデー02

エントランス。


日比谷公会堂オープンデー03

ホワイエ。


日比谷公会堂オープンデー04

客席へ続く廊下。


日比谷公会堂オープンデー05

1階客席。
ステージを囲む装飾が独特。
創設者のレリーフがあります。


日比谷公会堂オープンデー06

2階席からステージを臨む。
とんでもなく急な階段に設置された客席。
コケたら怪我しそうな、くらくら感です。
限られたスペースに、なるだけ多くの席を詰め込んだのでしょう。
この作りは、NHKホールとそっくりです。
(NHKホールが公会堂を真似した?)


日比谷公会堂オープンデー07

階段には時代が出ます。
角をアールにする処理は、この時代の建築ではよく見ます。
逆に今はやりませんな。手間とコストがかかるでしょう。


日比谷公会堂オープンデー08

この日は特別に、3階バルコニーも解放されました。
昔の音楽会の夜は、殿方やご婦人の社交場だったかもしれません。

駆け足になりましたが、良い物を見させてもらいました。
心の栄養です。
最後に、1階にあるアーカイブカフェで寛ぎましょう。

日比谷公会堂オープンデー09

ここは、月曜日を除く通年営業です。
蓄音機の音色の中に身を置けば、なんだか贅沢な気分♪
重厚でかつ、ゆったりと流れる時間は、歴史を経た空間でしか味わえない・・・。

銀座界隈での楽しみが、また増えました。
素敵なオアシスです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する