ものづくりノート

すたじおKoki'oの仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生です。

ハワイアンホーストのチョコレートをいただく

ハワイアンホースト 社より、モニターとしてチョコの詰め合わせをいただいた。

ハワイアンホースト01
(クリックで拡大画像)

ホワイトチョコ、マカダミアナッツのクランチ、ハワイアンハニー(はちみつとミルクチョコのコーティング)、そして基本のマカダミアナッツ・チョコレートTIKI。

マカダミアナッツ・チョコと言えば、ハワイのお土産。
沖縄のちんすこうと共に、あまりにも当たり前過ぎて、心動かない商品ではある。

しかし、選んで購入する側から言うと、やはり違いがある。

これより安い別メーカー製のチョコを買ったことがあるが、入っているナッツが少なかったり、チョコの味が薄っぺらかったり。
はっきりと、コストダウンが見て取れる。

ハワイアンホーストは、さすがにそれはない。
そこは、やはり老舗の意地というか。
ブランドというものだろう。

ホワイトチョコと、ハワイアンハニーは、初めて食べた。
ホワイトチョコは甘さが強く、肝心のマカダミアナッツの味が消えてしまい、ちょっと残念。
ハワイアンハニーは、素材の味がバランス良く、おいしいと思った。

クランチタイプは、私自身が元々そんなに好きではないので、コメントしづらい。
これはこれで良いと言いつつ、チョコの味がちょっと濃過ぎ?

で、これが、基本中の基本。

ハワイアンホースト02

実に、オーソドックスなマカダミアナッツ・チョコTIKIである。
あまりに基本的な、あまりに普遍的な。
ミルクチョコレートのバランスが良く、ほど良くナッツの味がする。

マカダミアナッツ・チョコと言えば、これ
この当たり前のイメージをずっと続けて行くことが、最も難しく大切なことかもしれない。

ところで、このモニター詰め合わせには、私の好きなマウイ・キャラマックス(キャラメル・ヌガー味)が入っていなかった。
私にとってのハワイアンホーストは、兎にも角にもアレなんだが・・・残念至極。
あのヌガーが、歯に詰まって困るという人が大勢居そうだから、ラインナップから外したのかな。
うーん・・・久しぶりに食べたいなぁ。

ハワイアンホースト・ショッピングサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する