ものづくりノート

すたじおKoki'o(すたじおこきお)の仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生です。

博多のショッピングセンター「アミュプラザ」がリニューアルするとか。

その宣伝モデルとして、ウルトラの母、

モデル、ウルトラの母01
(写真は円谷ステーションHPより。クリックで拡大画像)

以下、有名怪獣さんたちが揃ってご出演。

それだけなら、さらっとスルーなんだが・・・見よ! この方々の姿を

モデル、ウルトラの母
(クリックして大きく見てね。写真はアミュプラザHPより)

みんなお洒落で、びっくりだ。

とくにウルトラの母の八頭身っぷりったら、、、もう、別人である。

とにかく、ものすごくスタイルが良い・・・。
体の線があらわになるから、よけい強調される。
中のスーツアクトレスさん、本物のモデルでしょうな。
CM映像での歩き方とか、まるで別格だから。
ツインテール(?)をかきあげる姿が、美しくて溜息が出るわ
と同時に、あれ? 彼女の髪の毛(?)って、こんな風に動いたっけ?と疑問を持ったり。

人間の目って、よく覚えているなあ。
今まで見てきたウルトラの母となんか違う(違和感)ってのが、即座に分かってしまうのね。

母だけに、ハハと笑ってしまう、のりでした。

しかし、よくよく考えてみれば、
ウルトラウーマン マリー(というのが彼女の本名である)は、いつも「母親」の役回りばかりさせられてきたのよね。
おまけに子供は屈強な息子どもばっかり。なんだか殺伐とする。。。
でも、彼女だって女なのよ。
たまにはお洒落して街を闊歩したい、そういうモンだわさ。

そんな意味では、時代が付いてきたのかなー、なんて思ったり(笑)
とにかく、こういうの大好きです。


※キャッチコピーの、「シャレトンシュワッ」は、博多弁の「しゃれとんしゃ(お洒落でいらっしゃいますね)」という敬語にかけたものだそうです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する