FC2ブログ

ものづくりノート

すたじおKoki'o(すたじおこきお)の仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生です。

やばい、やばいよ・・・

同潤会三ノ輪アパートメント
今年解体の見通しらしい。

先ほど検索して知った。
ここはあまりにも老朽化が激しく、荒川区が率先して建て直しを図っているなどと、いろいろ言われてきたところであるが。

来たかー・・・ついに。

ソース元はこれ。
http://yma2.hp.infoseek.co.jp/TokyoArch/Photo/20/MinowaApt1.html

写真で見る限り老朽化の様子は、我が同潤会上野下アパートメント
http://www1.nisiq.net/~norikook/uenoshita/tsushin.html)とは比べ物にならない。
さしもの私でさえも、このアパートメントを保存せよとは積極的には言いにくいほどの荒れようだ。

ちなみにこの地域、東京都荒川区日暮里(三ノ輪)周辺は、東京大空襲の際に壊滅的な被害を受けたところで、アパートメント自体にも火の手が上がり、相当のダメージを受けている
外壁には焼夷弾(しょういだん)の痕が残り、天井には焼けただれた黒こげがあちこちにあるという。
同じ東京大空襲の時に奇跡的に無傷で済んだ台東区東上野(旧稲荷前)地域に建つ上野下アパートメントとは、その点でも大きく違うのである。

2002年に取り壊されてしまった同潤会清砂通アパートメント(江東区白河・三好)。この地域もまた、東京大空襲で全てが灰塵と化した。
このアパートメントに関する資料の中に、大空襲の際の記述がある。参考になろうかと思う。

昭和20年3月10日の大空襲で、ここ一帯は火の海となった。一家全体では逃げられないと覚悟を決めた中村家は建物内にこもり、座布団に繰り返し水を掛けては木の窓枠に押し当て、外に逃げた人が火ダルマになるのを目撃した。あまりにも強い火勢が煙を空にそらし、冷たい風が建物を包んだ。ガラスの割れた住戸は火に襲われた。ぶあつい鉄筋コンクリートが、なかの一部の家族の命を守ったことはたしかである。
(「東京人」1997年4月号 No. 115)

戦争の生き証人としても、今のうちに私達の記憶に留めておくべきであろう。

交通:JR常磐線三河島駅下車

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そういう話でしたね

三ノ輪は2005年の年末にほぼ話がまとまると
何かで見ました。テレビだったと思います。

どんどん同潤会が消えていきますね。。。
なくなる前に一度近くに行ってみてみたい。

いしまるあきこ | URL | 2006-03-01(Wed)21:09 [編集]


三ノ輪アパートメントは

あまり騒がれていないようですね。静かに幕を閉じることになりそうです。
三ノ輪アパートメントが消失すれば、最後の同潤会アパートメントは上野下だけ、ということになりますね。
しかし、上野下アパートメントも安泰というわけではなく、建て替えの話が出ています。

のりちゃん | URL | 2006-03-01(Wed)22:30 [編集]


いまから

いってきます。
でも、自分の視線からしか撮らないつもりです。

やすだまこと | URL | 2006-03-02(Thu)07:30 [編集]


私も行ってみます

今年に解体・・・ そして最後に残るのは、私が同潤会アパートメントを知るキッカケとなった上野だけになってしまうのですね・・・

私も仕事休みの時に三ノ輪へ行きたいと思います。

輪の道 | URL | 2006-03-02(Thu)08:27 [編集]


今月中に

私も見に行くつもりです。
しかし。
常磐線沿線に住んでいながら、見たことないなんて・・・私。
降りようと思えば、降りられるんですよ、三河島駅。
東京人が東京タワーを見に行かないように、いつでも行けると思うと・・・ダメです。

やすださん
どんな様子か、ご報告願います。

輪の道さん
今年のいつに、取り壊しになるのかまでは分かりませんから、早めにお出かけになる方が良いですね。

のりちゃん | URL | 2006-03-02(Thu)10:39 [編集]


報告

寒かった!!!
建物の角カドが漆喰?がはがれ落ちて鉄筋がむき出し、錆びさび、落下防止のため白いあみがあちこち張られています。建設やの看板付きの足場が一階部分に一部くまれ透明スレートの屋根が(落下物よけ?)とにかくひどい人がすんでるのにこの状態とは!住人は結構住んでいるようで、出入りもおおく、メータ検診も結構時間かかってた。話しを聞くもお年寄りすぎて、ツウジヅ。とにかく人が引っ越したらほっといても崩壊する位の痛みようです。どうして?。。。。。

やすだまこと | URL | 2006-03-02(Thu)17:06 [編集]


・・・・・・。

ほんとうに、そんな状態なのですね。
いろいろなサイトで写真を見ていると「ヤバいったって、そんなことはないでしょー」なんて。
甘い気持ちでいたのですが。上野下アパートメントを見ているだけに!

結局、物にしても建築にしても、それを使う人の心持ち次第で、どうとでもなってしまうということなのでしょうか・・・
ちょっと、自分に戒めを与えられた気分です。
なんか、ショック。

のりちゃん | URL | 2006-03-02(Thu)18:08 [編集]


注意

見に行く時は、十分な覚悟と心構えを、
上野下と違い、とても負のエネルギーを発している場所です。3時間ほどいましたが、すっかり何かを奪われてしまった感じで、疲弊してます。

やすだまこと | URL | 2006-03-03(Fri)13:53 [編集]


負のエネルギー・・・(汗)

マイナス・イオンが出てるならともかく、マイナスのエネルギーですか・・・。
聞きしに勝る、同潤会アパートメント最大の難所かもしれませんね
(-^-;)

いや、それでも行かねば!
なぜならば、それは行った者にしか分からないからだ。。。

カッコいいこと言って、逃げ帰ってきたりして・・・(大汗)

のりちゃん | URL | 2006-03-04(Sat)00:35 [編集]