ものづくりノート

仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生をやってます。

バヤリース、うまっ。

新発見!?

バヤリース

久々どころか、もう何十年も飲んでいなかった気がする。
オレンジジュースは好きでよく飲むけど、正直言って、果汁20%なんて論外だったのよ、今どき。

ジュースと呼べるのは、果汁100%だけ♪

子供のころに見た、あのCMのセリフが頭から離れなくての。

で、バヤリース。
美容室の待合スペースに売ってたけど、やっぱり買わなかった。
あのロゴ見たら、急に欲しくなったんだけどね。

したらば次の日。相方が持って帰って来た。誰かからもらったらしい。
まさに引き寄せ。

バヤリース。
1951年に日本登場、今年で61周年だって。
まさに、昭和の香りが残るオレンジ飲料水である。

「1938年(昭和13年)に米国の科学者、フランク・バヤリーが果汁の風味・香りを損なわないで長期間保存できる殺菌法を開発した。米国のゼネラル・フーズが特許を買い取り「バャリース・オレンヂ」を発売する。」
(Wikipediaより)
まさに、画期的な商品だったわけだ。

さて。
昭和のオレンジ飲料水。どうせなら、やはり瓶入りで飲みたいじゃん。

もちろん、商品はちゃんとありますよ~。
瓶入りは、果汁成分が、10%, 50%の2種類。
おまけに沖縄だけは、沖縄バヤリースという会社が製造、販売していると知る。
細かいことは割愛するとして、なかなかに奥が深い。
三河屋さんに、1ケース届けてもらうような買い方をしてみたいなあ。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

いや、懐かしいねぇ!

飲み会があるとお酒が飲めない私はいつもバヤリースだったよ。今でも居酒屋でジュースを頼むとこれが出てくるのかな?

やま | URL | 2012-03-15(Thu)19:48 [編集]


ある処にはアル

そうだそうだ。飲み会でジュースと言えば、コレだったね。
私は非常に不満での。
だって、果汁10%なのにジュースって!!(とここで、例のCMが)

瓶入りバヤリース自体は、酒屋で注文できるらしいから、これ取ってる居酒屋は今でもあるだろう。
まさに今、私が欲しい感じ。
今夜、やまやへ行って探して来マス。

のりちゃん | URL | 2012-03-16(Fri)07:54 [編集]