ものづくりノート

すたじおKoki'oの仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生です。

ジャノメの名機

血迷って落札してしまいました。

ジャノメの名機01

ジャノメ メモリークラフト6500。
1987年製造。
ちまたでは名機と呼ばれています。

日本初のコンピュータミシンは、蛇の目ミシン工業が開発。
第1号は1979年、メモリアとして登場。
あのコマーシャルソング、今も覚えてますわ~。

メモリークラフトは、メモリアから数えて2世代めのミシンです。
1983年に6000型、1987年から6500型が製造されています。
デザインも秀逸で、イギリスではブルーリボン賞、日本ではグッドデザイン賞を受賞したとか。


概要はここまでにしておいて、試し縫いです。

ジャノメの名機02

写真のように、まあ、いろんなことができます。
足踏みミシンと職業用ミシンしか使ったことのない私は、これだけでもう、ビックリ。


ジャノメの名機03

白い縫い目がシンガー188 Pro。赤い縫い目がメモリークラフト6500。
直線縫いの縫い締まりは、やはり縦釜式職業用ミシンであるシンガーの方が良いと思います。
とは言え、一般的にはメモリークラフトの性能で十分でしょう。
(私は縫い目にこだわるので、シンガーを使いますが)

ところで、真ん中の傘の模様縫いは・・・どぉ?


ジャノメの名機04

こちらはペンギン。
・・・・・。

こういった模様縫いはそれなりな気がしますけど、他の模様縫いはかなり使えそうです。
無地の生地に刺繍してブラウスなど作れば、かわいい物になるでしょう。

ということで、うちのサブ機です。
まずは、RITOの「と」さんに使ってもらいましょうか。

待ってますよ~。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する