ものづくりノート

すたじおKoki'oの仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生です。

スチュワート・コープランドに会いたい

RITOの「と」の、ハリーさんから質問されました。

「のりちゃん、今、一番会いたい人は誰?」

うーーん。
ちょっと考えてから、

そうだ!スチュワート・コープランドに会いたい。

ひらめきました。

その人は、伝説のロック・バンド、THE POLICEのドラマーです。
ちまたでは、スティングばかりが目立っていますが、真の実力者はコープランド氏です。
私、断言します。

でも、ただ会うだけなら意味ないです。
それなら東京ドームのコンサートで見ました。
あんな形態で観るなら、もうたくさん。

私の希望は、目の真ん前でドラムと言わず、ありとあらゆるパーカッションを打ち鳴らしてもらうことです。もう、それしかねぇ。
その技法、私が盗むんだから。
コープランドさん主催のワークショップがあると良いですね~。必ず行きます。すごく楽しみです。
でも、講習料が高過ぎるのはナシよ。
5万円とか、そんなの論外。
適正価格でお願いしますね♪
1回につき数千円でしょ、やっぱり。。。


スチュワート・コープランド

コープランドさんが初めて映画音楽を担当した「ランブル・フィッシュ」。
学生時代に、中古レコードで手に入れました。
とにかく革新的なサウンド。頭ガアァァーーン!!でした。
肝心の映画は見ていません。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

んだんだ

おひさしぶりです

ドームライブで、ホントに驚きました。
それまではスティングの虜だったけど、
あの日の彼のソロプレイに、いっきに持って行かれました。

あの複雑怪奇なリズムを、マシンのように
正確に打ち続ける技術と才能・・・
恐るべし、スチュアート・コープランド!!

はてな | URL | 2010-10-11(Mon)11:48 [編集]


はい!

そーなんです!
顔が売れるボーカルと比べ、ドラム担当者は、どーしても地味になってしまいますけどね。。。
スチュワートさんはドラムだけでなく、どんなものでもパーカッションにしてしまうので、聴けば聴くほど新鮮です。
そのうち、きっと私の眼の前で演奏してくれるに違いない!!

そういや、はてなさん。
エントリーライブでは会えませんでしたねー。

のりちゃん | URL | 2010-10-12(Tue)08:19 [編集]