ものづくりノート

仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生をやってます。

天才画伯な、このカメラ

RICOH Caplio R1v
私の愛機です。

画才デジカメ01

2005年1月発売。
私が買ったのは、4月か5月ごろ。
以来、毎日毎日ガツガツに使い込んでます。


画才デジカメ02

おかげで押しボタンにプリントされていた文字が、すっかり消えてしまいました。
ADJとか、削除とか。
ま、その辺は何となく手が覚えていますから、適当に操作すればいいんですけど。


それより、この方。
最近すごいのです。

画才デジカメ03

見て下さいよ、この液晶画面!

まるで、ガッシュか不透明水彩絵の具でペタペタ塗ったような味わいがあります。

もう、間違いなく、天才画伯です。


生成されるデータは問題無いですよ。
でも、撮った写真のピント確認が難しい。芸術的には素晴らしいんですけど・・・。

うーん、そろそろ現役引退かしらねー、老画伯。


そんなワケで。
次にお迎えするカメラも考え始めてます。
今まで、PENやらI-10やら、いろいろ言っていたのですが、それは空想遊びだったかもしれない。。。
結局やっぱり、リコーのカメラにしてしまいそうです。
今回は、一般コンデジからグレードアップを考えていて、GX200か、GXRを候補にしています。
GX200は設計が古くなっていそうなので、将来性を考えると、GXRですかね。

誰か、使っている人いませんかー?
いたら、使い心地教えてね。

とはいえ、このR1vさんには、ホント感謝してます
どんな時にも、必ず私の側にいて、何でもかんでも記録してくれていますからね。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

そういうことですか(笑)

物事、考え方で変わりますなぁ(笑)
素晴しい発想です。

見習わないといけませんね。

私は〇O〇Yですが、机の奥に、、、。

Hummingbooh | URL | 2010-10-01(Fri)18:02 [編集]


使ってあげて下さい、毎日

さすれば、いつかは必ず「画伯」に出逢えます(笑)
私はこの5年間、R1vを持ち歩かない日は、ほぼありませんでしたヨ。
毎日必ず、「めし図鑑」を作りますし(笑)
このブログも、R1vと共にあったと言っても過言ではないですね~。

使えば使うほど、その道具に対して格別な思いがしてきます。
魂が宿ってるみたい。
相棒ですね。

のりちゃん | URL | 2010-10-01(Fri)23:06 [編集]


お気に入りのデジタルカメラ

この所ずっとデジタルカメラの写りが一眼も含めて気に入らなくなり、色々調べた結果一挙にシグマにしてしまいました。コンパクトはDP2s・一眼レフはSD15です。扱いにくく画像もRAWで撮影して一枚ずつ現像していかなくては真価を発揮しないなど手間はかかりますが、昔みたいにフィルムを現像している気持ちでいます。

0082 | URL | 2010-10-02(Sat)14:41 [編集]


全部シグマですか

一眼レフもシグマにしたんですか。ほぉ。
デジのシグマ。写りが良いと評判良いですね。銀塩時代からの評価が変わったメーカーの一つかも (w)
RAWモードは実践で使ったことないです。デジイチでもJPEGばっか。
現像気分は、試してみないとイカンですのー。
昨夜、土浦花火競技大会で久々に花火写真を撮りました。デジイチで。
結果は・・・惨敗。
来年はフィルムに戻すかも。何でかは、次のテーマで。

のりちゃん | URL | 2010-10-03(Sun)06:30 [編集]