ものづくりノート

すたじおKoki'oの仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生です。

ゼファー、着々と改装ちう

ゼファーを、ついにドロップ化しました。

ゼファー ドロップ化01

憧れのドロップハンドルですよ!


ゼファー ドロップ化02

ブレーキレバーは、一般的なドロップハンドル用にせずに、ギドネットレバーを採用しました。
ダイヤコンペが最近復刻したものです。
旅する自転車の本」(エイ出版)を読んでいたら、このブレーキレバーを付けていた自転車が載っていまして、こんなブレーキがあるのか、こりゃあ、いい!と思いまして。

仕上げは、SILVAの白いバーテープ。
ジャパンカップの出店にて、1,000円で買ってきました。
初めて巻いてみましたが、しろうとにしてはまあまあうまくいったと思います。

さて、乗ってみたら、なんてラクなんでしょう。
ドロップ良いですよ~。怖いことなんて、ないない。
長時間自転車に乗るなら、絶対おススメです。

============================================================

数週間後。
今度は古くて効かないブレーキが気に入らず、最新のブレーキに交換することにしました。

ゼファー ブレーキ01

元のブレーキ。
ダイヤコンペ1020、シングルピボット式。
アーチサイズ 73mm~91mm。

メーカーのヨシガイに電話したら、思いっきり古いブレーキで、今、このアーチサイズのものは作っていないと・・・。
このブレーキがついているということは、最近のブレーキでアーチサイズの合うものは非常に少ないと・・・。
イタイ話でした。

んで、メーカーのサポートさんのアドバイスによると、

スポーツ用・・・BRS202(アーチサイズ 57mm~75mm)
一般車用・・・・DL800(アーチサイズ 61mm~79mm)

の2つが候補だろうと。

ということで、まずはこれにしました。

ゼファー ブレーキ02

ダイヤコンペDL800です。

BRS202も考えたのですが、定価が一つ3,675円。
万一、アーチサイズが合わなかった場合の被害を考えると怖いので、
まずはDL800を試してみることにしました。
こちらは、定価が一つ1,575円。前後セットで3,000円ほどの投資で済みます。


ゼファー ブレーキ03

後ろブレーキの取り付け穴がなぜか小さく、ブレーキ装着が難儀だったので、ヤスリで少し穴を広げました。
ヤスリを持っていなかったので、慌てて近所のホームセンターに買いに行きました。


取付けた感じ。
前側。

ゼファー ブレーキ04



後ろ側。

ゼファー ブレーキ05

肝心のブレーキフィーリングは・・・

ギューギューにレバーを引かなくても、そこそこ軽い力でブレーキが利くようになりましたが、感動するほどでもなく、、、
という感じです。

それでも次の日の通勤時、パニックブレーキを掛ける瞬間がありまして。
その時はわりと短時間でブレーキが利きました。
今までは、いつか何かあるんじゃないかと不安に思いながら走っていましたので、この「普通に利く」感覚は、やはり大きいのではないかと。

ところで、デフォルトでついているブレーキシューが、ステンレスリム用らしい。
これをアルミリム用に替えてみないと、このブレーキの実力は判らないかもですね。
どーせなら、アルテグラのブレーキシューでも入れてやるかねぇ♪

・・・シューの方が本体より高いじゃん (-_-;;)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

初めましてakoさんより紹介されました、アルファです。
ゼファーですね~。
6本バックのミキストも近頃はめっきり見ません
ぜひピカピカにして下さい。
このあとマッドガードは付けるのですか?

*益子で個展の最中です。よろしければお出かけ下さい。

アルファ | URL | 2009-11-24(Tue)00:01 [編集]


まあ!

身近なところで、自転車好きの益子焼の作家さんに出会えるとは!
感激です。ありがとうございます。

マットガード。ようやく先日取付けました。
アルミが真っ白に曇っていて、それを磨くと、手が真っ黒になりました。

のりちゃん | URL | 2009-11-24(Tue)15:17 [編集]