ものづくりノート

すたじおKoki'oの仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生です。

あっ、あ゛ーーーっ!

私の大事な大事なタイマーが・・・

タイマー01

風防ガラスが割れていました。
落ちたか、落とされたかしたのでしょう。
犯人探しをしても何にもなりません・・・

ぐぉお~~。
こういう時、困ります。
なんせ古いものですから。
どこで部品を調達しよう。
この一言に尽きます。。。

先日、テレビで「イイ仕事してますねー」の中島誠之助さんが、
骨董は仕舞い込むのではなく、大切に使い続けることと言っていましたが、

この大切に使うことが、
ワタシにはできていないのだよ!!

くっはーーー。

タイマー02


さて、このタイマーですが、
1960年代から1970年代くらいに大量に販売されていたセイコー・コロナという目覚まし時計と機構的にはそっくりだそうで。


タイマー03


ほら、そっくり。

風防もコロナのものを流用すれば良いのでしょう、たぶん。
古い時計屋さんに行けば、まだ部品あるかな?


ところで、右のコロナの風防はプラスチック製です。
もっと古いコロナの風防はガラス製でした。
ですから、これはコロナ・シリーズの中でも新しいモノだと想像できます。

たぶん、ユーザーの中には私みたいな人間がけっこういたのでしょう。
モデルチェンジの時に、割れないプラスチック風防に変更したと想像しています。
高度経済成長期の日本の中、プラスチックの加工技術も進み、安く大量に生産できるようになっていた・・・

てな感じで、ひとつのモノから、いろんなことを想像するのが好きです。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

私も使っていた

私も中学時代に写真を始めてから、ずっと長く暗室で使っていたことを思い出しました、実家にあった三畳もない小さな暗室でしたが、フィルムの現像や赤い光の暗闇の中で使っていました。今では暗室もなくなりタイマーもどこへ・・・・
ところで、時計のあのガラス「風防」というのは初めて知りました。腕時計などでも同じ名前ですか。

0082 | URL | 2007-02-03(Sat)11:24 [編集]


けっこう出回っていたのですねー

ということは、写真用品店で普通に販売されていた物なんですねー。
私は主にキッチンタイマーとして使っています。とても正確なので、フィルム現像の時に流用して、いやあ~便利だなあ・・・なんて思っていました(大汗)。
私が暗室作業を始めた頃は、LPLのクォーツタイマーしか見ませんでしたね(今でも売っています)。

時計の表面を保護する風防。
腕時計でも同じ名称です。

のりちゃん | URL | 2007-02-04(Sun)08:34 [編集]


直径を正確に計れますか?

ありゃりゃ、かわいそうなことして。
わかったら、物置の在庫確認するよぉ~。

tictoc | URL | 2007-02-04(Sun)12:08 [編集]