ものづくりノート

仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生をやってます。

機関区にて

機関区より

今朝は仕事の打合せのために鹿島鉄道の石岡機関区へ。
その時、目にした風景を。

のんびり懐かしさの漂うローカル鉄道。
ディーゼル車両のガラガラ音もホッとする。

この風景がなくならないことを祈っているのだけど・・・。

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

みんなでカシノリ

ウチの職場の方にも、来年度の動向を気になってか何度か足を運んでいらっしゃいます。 その時に撮った写真を良く見せてくれています。 

車社会になったとはいえ、やはり鉄道の駅というものには、様々な人との出会い等のドラマがあります。 
話は違いますが、小生の通っていた小学校も少子化の影響でしょうか、町に9つあった小学校が統廃合されて(確か・・・)3つになってしまいました。
建物そのものは残ってはおりますが、やっぱり人の住んでいない?場所というものには在りし日の事を思うと寂しくなります。

りんど~ | URL | 2006-09-04(Mon)19:16 [編集]


なくなると廃れる

そうなんです。
なくなると廃れるのですよ。
とくに鉄道がなくなると、沿線の街が廃れてしまうから困るのですよね。

車社会って言いますが、目的地に到達するために車しか選択枝がないというのは、移動の自由を約束している国家としては貧しいと思うのよね。

のりちゃん | URL | 2006-09-07(Thu)15:33 [編集]