FC2ブログ

ものづくりノート

すたじおKoki'o(すたじおこきお)の仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生です。

愛器、ピアレス(PIRLES)さんの弦を交換しよう。
ちなみにこのウクレレ、とても古い。
私たちが通っているウクレレ・スクールでの見立てによると、昭和20年代のものだろうということだ。

写真の黒い弦は、ダダリオ(D'addario, 米国)製。

弦交換01

パッケージはこんな感じ。

弦交換03


今回で、このウクレレの弦の交換は3回め。
最初は手に入れた時。
張られていた変色した弦を、少し古めのフェイマス(Famous, 日本)弦に替えた。
しかし、これはあまりにも太かった。
音がぼやぼやして立ち上がりが悪いし、指が弦に引っかかってうまく弾けない。
よって、1ヶ月もたたないうちにダダリオに交換する。

これで3ヶ月経過。
まずまずと思っていたが、ひとつ難点があった。
テンション(引っ張る力)が強いのだ。
チューニング後のピンと張られた弦は固く、コードを押さえるのに強い力を必要とする。
従って、指が痛い。

スクールでこのウクレレを見てもらったところ、これでは楽器を痛めるよ、と。
横から見ると、確かにウクレレが弓形に反っている。
ヴィンテージ楽器には荷が重すぎる・・・

そこで、勧められたのがこの弦。

弦交換02

ヴィンチ(VINCI, 米国)のナイロンガット弦。
ガット(羊の腸でできた弦)に特性を似せてありながら、ナイロン弦だから丈夫であるという。テンションも低いらしい。


弦交換04

引っ掛けるために玉止めを作る。
今までの弦は反発力が強く、結び目を作るのに一苦労だったが、この弦は非常に柔らかいので、ラクちんである。


弦交換05

こんな感じになった。
普通のナイロン弦より白く、表面はザラザラしている。

1日くらいでまあ弾ける程度、3日もすれば安定する
ダダリオ弦が安定するには1週間必要だったので、これは助かる。

テンションが低いため、当たりが柔らかく弾きやすい。
弦高が高めのウクレレでも、楽に押さえられると思う。
音に華やかさが加わり、音量が増え、ガラリと印象が変わった。

これは当たり。
ピアレスさんにはグッドなマッチング。

これに気を良くして、他のウクレレにも張ってみる。
ジャムコ(JAMCO)No.250(通称、安レレくん)という、1970年代のウクレレ。
こちらは弾きやすくなったものの、劇的に音が変化した印象はない。

弦ひとつにしても、奥が深い世界だ。
自分の望む音に仕上げていくには長い時間がかかる。
それがまた楽しい作業なのだけど。


VINCIの弦は、現在のところ、キワヤ商会のみ取り扱い。


2010年5月3日 追記:
現在、VINCI弦の販売は停止されている。
(生産終了か、輸入が滞っているのかは不明)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして。最近キワヤのページで紹介されたばかりの人工ガット弦ですね。もう使っている方がいらっしゃったんですね。どんな音がするのか気になります。それにしても味のあるウクレレですね。マホガニー単板ですか?

mi.Yas | URL | 2006-07-10(Mon)22:11 [編集]


ありがとうございます

コメントいただき、感謝です!
材質ですか・・・。
多分マホガニーとは思いますが、さして高級なものではないと思うので合板かと。。。
でも「板もけっこう厚いのにバカ鳴りだ!」と、スクールでは感動されました。
古い楽器は奥の方から音が鳴る感じがします。沁み入るような・・・
それにハマって、私はいつも中古楽器ばかり手に入れています。

VINCIの弦はネットに載る前に手に入れました。これもキワヤのスクールに通っているおかげですね (^^)

のりちゃん | URL | 2006-07-11(Tue)11:12 [編集]


VINCI弦

のりちゃんのレポートがとてもよかったので、リンク先のキワヤさんに行ったら、いっしょにケースも買ってしまいました。
さて、弦代えようかな、でも今夜あっついしなぁ・・・

うくれれ・キッド | URL | 2006-07-13(Thu)22:46 [編集]


はっ ( ̄□ ̄;)!!

ワタシったら、まるでキワヤの回し者みたいですよね・・・(汗)

ケースって、ページの一番上にあるカラフルなキャリングケースですかぁ?

のりちゃん | URL | 2006-07-17(Mon)21:13 [編集]