FC2ブログ

ものづくりノート

すたじおKoki'o(すたじおこきお)の仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生です。

ご参加ありがとうございました。

Aloha Day2013 集合写真

Aloha Day 2013、無事に終了しました。
沢山の人に参加していただき、大盛況でした。

時折、リクエストに応えたりする場面もあり、演奏する方もスリリングな展開でした。
いやはや、益々精進の必要がありますな(汗)

PageTop
うしく河童米は、実家のある牛久市の農家さんたちのプロジェクトです。

早い時期に申し込めば、田植え体験や稲刈り見学などできるのですが、結局それどころではなく、引取りに行くので精一杯。

牛久青果市場っていうから、どんな大きな建物かと思いきや。。。



かわいらしい建物でした。
野菜を持ってきた人々が、まったりくつろいでいます。

予約したのは、30kg分。



生産者がハッキリしているお米です。
それどころか「あの辺の田んぼ」で育ったということまで、分かるお米です。。。
こういう物が日常的に手に入るのが、農業県に住む者の特権ですかね。

PageTop
最近、自転車の話ばっかりで他のことやってなさそうに見えますが、
そんなこたぁ〜ありません。

今週末の9月29日は、Aloha Day 2013ですよ〜。
ハワイアンがお好きな方、どうぞ二葉カフェへいらして下さいねぇ♪

ということで、またまたギターをゲットです。
今度はミニサイズ。

小平のミニギター01
(右:修復途中で放置している飯田楽器Wealth)


小平のミニギター02

入門用クラシック・ギターとして有名な、小平ギターのAST-30Sです。
調べたところ、1970年代の定価3万円クラスらしい。
今なら、AST-60Sと同等でしょうかね。
"S"と名の付く通り、弦長550mm。子供用モデルです。

一昨日、スラック・ギターのレッスンついでに寄った秋葉原のフリマにて。
一般出店の女性から1,000円で購入しました。
その人曰く、「もういらないと言っているので・・・」

たぶん昔、子供に習わせたけど、続かなかったのでしょう。

しかし、こんなに作りの良いギターが1,000円ですか。
買わんと罪でしょ。

ぶつけた後や傷はありますが、致命的な痛みはなし。
ボロボロの弦を張り替える時に、ナットとサドルをチェック。
なんと・・・

小平のミニギター03

プラスチックではなく、牛骨のようです。
安いギターは、ここをケチるんですが。
びっくり。

表板は、シダー(杉)の単板です。


小平のミニギター04

Aria AC200とツーショット。
糸巻きは、レギュラーサイズのギターと同じ物を使っています。

小さいのに良く鳴る子で、弾くととても気持ち良いです。
このサイズは持ち運びにグッド。

小平ギターはいちおう量産メーカーですが、職人3人で手工品のように製作されています。
工房の所在地は長野県諏訪市。
自社のKODAIRAブランドの他に、OEM生産のエコール(ギタルラ社)があるそうです。

PageTop
ディズナ Jリーチ ブレーキレバー(DixNa J-Reach Brake Lever)。

ブレーキレバー変更01

日本人の手の大きさに合わせたレバーだそうです。
黒と茶色のカバーの2種類。
イエローPie号とピンクZephyr号(以下、ゼファー)用として、楽天のショップでまとめ買い。


まずは、ゼファーで試すことにします。

ブレーキレバー変更02

交換前。
ダイヤコンペのギトネットレバーと、バーレストが装着されています。
ハンドル右側には、バーエンドコントロールレバーならぬ、MTB用のシフトレバーが付いています。
現在、ロード用の7速用部品は販売されていないので、苦肉の策でした。

これらを交換するに至ったのは、イエローPie号との操作性の統一を図りたかったからです。
2台のどちらかに乗るたびに操作に戸惑うのでは、とっさの時に対応できず危ないと思いまして。
MTBくらい車種が違うと、間違えないのですが。


ブレーキレバー変更03

今回の材料。
  • シマノ ロードブレーキ・インナーケーブル
    (グラン・ステージで購入)

  • Cycle Pro ブレーキセット
    (ジョイフル本田で購入)
    今回はアウターのみ使用。色は白にしました。
    (純正のピンクのケーブルが欲しいけれど、やっぱりありませんね)

  • GIZA コルク・バーテープ
    (楽天のショップで購入)
    ベージュのまだら模様


ブレーキレバー変更04

ギドネットレバーを外すのは、ちょっと残念な気もしますが、思い切りましょう。


ブレーキレバー変更05

ブレーキレバーを取付け、ケーブルを通してブレーキを調整。
ここまでやった段階で外に出て試走し、レバーの位置確認をします。


ブレーキレバー変更06

位置が決まり、バーテープを巻きました。
この色って、おっさん臭いかなあ?


ブレーキレバー変更07

そして、フレームにWレバーを取付けました。やったー♪
これは、シマノの7速用。オークションにも滅多に出品されない貴重品。
Pieさんからいただいた物です。

ゼファーのフレームにはレバー台座がないので、バンド式を使うことになりますが、これがない!
昔は普通に流通していた部品ですが、今はホンっトにありません。

だから、今ある部品は大人買いしてでも確保しておきたい気持ちになるのー、うん。


ブレーキレバー変更08

ひとまず完成。
すっきりした見栄えになりました(でも、背景がすっきりしなくて分かりません)。
意外にも、ベージュのバーテープが落ち着いた雰囲気を醸し出しています。
元は街乗り自転車ですが、ますますランドナー風情になってきました。

せっかくWレバーを付けたので、前側にも変速機能を持たせたいところ。
次の作業は、BB交換、クランク取替え、ディレーラーの取付けですか。
部品はコツコツ集めてきましたが、今の悩みは工具がないこと。
買うにしても、1個や2個では済まないし、BBまでいじるには経験がないので、Pieに行こうか考え中。

PageTop
Aloha Day 2013 フライヤー
(クリックで拡大画像)

今年もやります。Aloha Day 2013
9月29日(日)、15時より、筑西市の二葉カフェ(真岡鐵道 下館二高前駅下車)にて。

地図は、こちら

PageTop
9月7日、7時。
「朝練」と称して出かけます。日中はまだまだ暑いし、この日は午後から雨の予報が出ていたし。

北上して北条地区、平沢官衙遺跡の横にある案内所へ。

朝練01

ここで珍しい古代米が無人販売されているので、時々買いに行くのですが、早朝に行ったのは失敗だった・・・。
案内所のオープンは9時だと!
シクシク。


さすがにそこまで油売ってはいられないので、次、行きます。

朝練02

途中、懐かしくも未だ現役の郵便ポストを見つけ、ツーショット。


筑西市明野地区。
あけの ひまわりフェスティバルへ。

朝練03

何年かぶりですな。


朝練05

朝練04
(クリックで拡大画像)

朝練06

相変わらず筑波山の方に顔を向け、写真的には残念なひまわりさんたち。


朝練07

写真撮影場所まで用意されているとは、主催者側も手慣れたもんです。


お腹が減ったので、花畑そばのアグリショップ(農産物直売所)へ。
お目当ては、ここのお蕎麦屋さんでしたが、、、

11時オープンだとー。
こんなんばっかし (T_T)

で、やっぱり待っていられないから、

朝練13

テント販売で売っていた焼きそばでしのぎました。


その間、JAっぽい帽子を被ったおじさんたちが、私の自転車を見にやってきたり。
北海道に輪行旅行したというおじさんに声をかけられたり。
イエローPie号は、持ち主本人が思っている以上に目立っているようです。

腹ごしらえが済んだところで、次は買い物だー!!

朝練08

農産物直売所を見ると、気分が盛り上がって来るよな。。。
いつもの通り、フロントバッグもサドルバッグも野菜がたっぷり。

会計をしたら、ひまわりの切り花無料券が付いてきました。
一瞬、どうしようかと思いましたが・・・まあ、何とかなるだろう。

好きなのを5本、切ってみたら、、、

朝練09

こんな状態です。サドルバッグのバンドでしばってあります。
このバッグ、すげー使える。

花をぶらさげた自転車って、ちょっと見ないわナと、りんりんロードを走ってみれば。。。

Pit Stop つくば北条(サイクルステーション)のお姉さんに見つかり、

朝練10

ちょっと立寄り、1本お裾分けしました。


朝練11
(みんなをバックアップしてくれるお姉さんも、もちろんサイクリスト)

花を積んだ自転車。
やっぱりこういう感覚が、女性にはぐっと来る模様です。

いや~、自転車を媒介にして、沢山の出会いがありました!
世の中には、面白いことをしている人がたくさんいるんですね。
すごく楽しかったー。

しかし、朝練とは名ばかりで、帰ってきたのは14時半でした。
38.5km(キョリ測での計測による)。あらま、意外と近かったのね。
イエローPie号で行くと、疲れません。まだまだ行けます。


さて、ひまわりは、こんな感じで飾ってあります。

朝練012
(クリックで拡大画像)

ゴッホのひまわりは、この品種でしょうな。

PageTop
ディズナ ラ・クランク
この夏に登場。

ラ・クランク01
(写真:東京サンエス)


市場に出回っているどのクランクよりもQファクタが狭く、クランクの長さも140mmから選べる。


ラ・クランク02
(写真:東京サンエス)

シルバー・タイプもあり。


私は、身長155.5cmで、現在は165mmのクランクで回している。

前に乗っていたオレンジSHOGUN号のクランクが170mm。
これを回すと、ブンッという感じで足を上から振り下ろし、回すというより踏み込むようになる。
長時間乗っていると、腿の付け根がじんじんと痛くなっていくのが分かるくらいだった。

同じく、紺色DAHONに付いているクランクも、170mm。
やっぱり長距離を走るには向いていない。
一度試してみたが、小径車というハンデと相まって、ダブルパンチの疲れようだった。

たかが5mm、されど5mm。
あなどるなかれ、自転車の5mmの差は恐ろしく違うのである。

だから、クランク長が165mmのピンクZephyr号に初めて乗った時、回すペダルの意味を理解し、また疲れないことに感動したものだ。

その後は、長時間の乗車でも辛く感じたことはないし、快適なつもりでいるのだが・・・。
もしかしたら、これでも長いのかもしれない。
たしか、股下長さでの計算式で、適正クランク長は算出できる(計算式は失念)。
以前、それで計算したら、私の場合、150mm台だったよーな。。。

さすがに当時は、150mm台のクランクなんてなかった。昔はあったみたいだけど。
自転車業界もどんどん縮小され、その頃は、欲しい部品が何もなかったのだ。

そう考えると、この数年で隔世の感である。
何なんだろうね、これってさ。

この状況も、一種の流行りかと思うと、なんだか心配になってしまい、
部品をごっそりストックしたくもなるわな。

ということで、小柄な自転車乗りならば、考えても良いかもしれない部品のお知らせ。
発売は、東京サンエス

PageTop
今日は、免許証更新で警察署に行ってきました。
まさか、ここで衝動買いするとは思っていませんでした。

シャイニーベアー
(クリックで拡大画像)

光る!ストラップ
(あしのうらはクリーナー!)
シャイニーベアー


1個、たったの180円。
でも、光る光る!

信号機の色かな、赤、青、黄色と、3つまとめ買い。
相方とRITOの「と」さんにプレゼントするだす。
私は自転車に乗る時に使うだす。
やっぱりヘルメットの後ろに取付けかなあ(笑)

・・・ということで、取り付けてみました。
ストラップ金具は外し、ゴムを使って固定します。



かわいい~♪ 大満足。
例え笑われようとも、一向に構いませんわよぉ、私。

せっかくだから、どんな感じか試します。
ランタン兼用のLEDライトを照射!



スゲ~光る!
とんでもない威力です。
キャットアイのチカチカ光るテールランプとダブルで、視認性はバッチリ。

これで後続車に突っ込まれたら、そりゃあ車が悪いだろーって、絶対に。

PageTop