FC2ブログ

ものづくりノート

すたじおKoki'o(すたじおこきお)の仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生です。

私は、何も始まっていないところから、あることを想定し、それについて様々な案件を探してきては、いろいろ思い巡らし、結果、深刻な気分におちいってしまうことが多い。

「前向きに行きましょう」という言葉を投げかけられたり、「考え過ぎ」とも、よく言われて来た。
だから私の基本は、悲観的な人間、後ろ向きな人間だと思っていた。

しかし、物事を考えるにおいて、「深く考える」ことと「深刻に考える」こととを混同しているのではないか? と、ふと思いついた。
「考え過ぎ」という言葉。これも曖昧なもので、私には納得のいかない言葉だった。
なぜならば、本来、考えること自体は間違っていないことだから。

そこで、ネット上でいろいろ検索してみた。
しかし、こういったことに応えてくれるほど、インターネットは万能ではない。
ネットは誰もが欲しがる表層的な情報には対応しているが、深く何かを追求するには、あまり役に立つものではない気がする。

そんな中でも、いくつかヒットしたページで納得したもの。

  • 考えることで深刻になる状態は、「論理」ではなく、「観念」が勝っている

  • 「執着」は、客観的、論理的に物事を考えるには不必要な要素である

となれば、私の思考方法は
「正しく考える」ことからは、程遠い思考パターンを繰り返していたことが解る。

そして今、私の頭の中は一気に晴れて、目からウロコ状態ではある。
だからと言って、「感情」を捨てて、客観的、理論的に物事を考えられるようになるのか?
これは甚だ難しい。

あるページには、こんなことが書かれてあった。

「論理的に深く物事を考えられるようになりたければ、論理的な文章に触れることが近道のような気がします」

やっぱり家でネット検索しているよりは、図書館へ行く方が早道かもしれない。

PageTop
商品説明だけでは片手落ちなので、実際に作ってみたところを大公開。
マイ・カップは、さっそく好きな柄に着せ替えました。

作り方01

リフィルの蓋をはがす。


作り方02

カップを逆さにしてリフィルに密着させる。


作り方03

ひっくり返してリフィルの中身を押し出す。


作り方04

普通のカップヌードルとマイ・カップとの比較。
ひとまわり大きいのが分かる。


作り方05

お湯を注ぐ。


作り方06

蓋を被せて3分間待つ。


作り方07

出来上がり。


カップは二重構造になっているので、熱さが手に伝わりません。
ふにゃふにゃ曲がったりもしないので、とても扱いやすかったです。

それからカップラーメンを食べている時の「気持ちの貧しさ」を感じませんでした。
この点は、意外と重要だと思います。
食べる喜びって、器の力も大いに関係しているのですね。


出演:ハリピの「手」
撮影:のり

PageTop

この時計に見覚えありませんか?
小学生のころ、NHKを見ていたら、時報と共にこの時計の姿が・・・。

現在、パソコン上で使えるツールとして配布されています。
動作環境はWindows VistaとMac OS X (ver. 10.4)です。
そんな最新鋭のパソコンなんか、アタシは使ってないよーーっ!

と、お嘆きのアナタは、ブログツールをどうぞ。
つまり、ここで使っているNHK時計のことです・・・。
詳細は、NHKオンライン ラボブログにて。

PageTop
エコ・カップヌードル01

1月にここで紹介しましたが、カップヌードル・リフィル
突然に思い出して、普段はコンビニなんて立ち寄りもしないのに買って来ました。
(この辺ではコンビニでしか買えないからです!)


エコ・カップヌードル02

中を開けると、いきなり取扱説明書が入っていました。
カップヌードルに取扱い説明書かよ。
(正確には、マイ・ヌードルカップの取扱説明書)


エコ・カップヌードル03

説明書を取り出すと、マイカップと詰め替えリフィルが2つ入っています。
味は、醤油味と人気定番のシーフード味。
・・・黒い外袋が不気味です。


エコ・カップヌードル04

エコ・カップヌードル06

カップは、とてもしっかり作られていています。
ちゃちいモノを想像していただけに、良い意味で予想を裏切られた感じ。
「Cup Noodle」の柄は、自分の好きなものに入れ替えられるようになっています。
これがマイヌードルカップの、マイヌードルカップたる由縁ですね。


エコ・カップヌードル05

こちらは蓋です。
カップを保存する時や、移動の際は、ゴムパッキンが付いている方を下にすると、きっちり閉じられるようになっています(完全密封ではありません)。
カップヌードルを調理する際は、ゴムパッキン側を上にして、被せるようにするだけ。
ストッパーがついているので、ずり落ちることはありません。
機能的に作られています。

この商品、一過性のものではなく、真面目にメーカーが開発したものだということが、よく分かりました。
詳しくは、カップヌードルのサイトをどうぞ。

ただし、これをライフスタイルとして続けていけるかは微妙かもしれません。
よほどのカップヌードルファンでないと、常食にはしないでしょうし。
それに、リフィルがコンビニでしか手に入らず、おまけに定価128円(税込)では・・・。
スーパーの特売で、カップ付きカップヌードルが2個くらい買えてしまったりもします。
そこまでしてカップヌードルリフィルか?と自問すると、それは、ない・・・。

ただ私は、カップラーメンを食べた後のゴミをとても気にしていたことは確かなのです。
よって、このカップを手に入れたことで、新しい選択枝ができました。

つまり、チキンラーメンを代表とするカップの付いていない即席麺を極力買うようにし、このカップで調理すると思います、私の場合 (~.~;)

このスタイルを定着させる方向に持っていけるのなら、コンセプトは間違っていないなと思いました。
マイ・ヌードルカップにこだわる人なら楽しいですよ。

ついでに・・・
袋物のインスタント麺を扱ったサイトを、ご紹介しますね。
とろ部屋

PageTop
つくば市の農林研究団地にある桜並木です。
この辺では、有名な桜の名所です。

農林研究団地


農林研究団地02

桜の花びらが、はらはらと風に乗って飛んでいます。
そして、雪のように降り積もります。

PageTop
バーチャルPC

ご覧のように、Windows XPのデスクトップです。

これだけなら、別にどうってことないですが。。。


バーチャルPC 02

むふふ。


バーチャルPC 03

正解は、Virtual PC for Macを入れたiBook/G3でした。

しかし・・・重い。
入れただけの、自己満足で終わってしまいそうだ(汗)

PageTop
相方とSLもおか お花見ツアーしてきました。
桜並木のある北真岡沿線は、気合いの一発を撮ろうと身構える鉄ちゃんと、桜の中のSLを一目見たいというギャラリーで大賑わいでした。

写真は、

花見SL

こんなんしか撮れんかったけどぉ。
撮影中のおばさまが入ってしまったのは、誤算だった・・・。

にわか撮り鉄は、やっぱりダメですなあ。

PageTop
鹿島鉄道に思いを馳せながら自宅にいた私ですが、やっぱりもおかの重連も気になっていたわけで。
某機関士からの写真が届きましたので、載せておきます。

重連の朝

出区前の真岡にて


重連02

人、人・・・


重連03

人、人、人・・・


重連04

はい、チーズ!


重連05

検修員も頑張っています


なかなか新鮮ですな。

PageTop
今日から4月です。
4月といえば、出逢いの季節のはずですが。

昨日3月31日をもって、鹿島鉄道が廃止になりました。
今朝の毎日新聞の一面には、写真入りで最終列車の模様が掲載されていました。
あのローカル線が、山手線並みの大混雑だったと・・・。

なんだか寂しくて、まだ頭が切り替えられません。

今日の真岡鐵道は、SLの重連運転がありました。
久々の重連でもあり、沿線は大盛況だったようです。

しかし混雑があまり好きではない私は、自宅にいました。
去って行った鹿島鉄道に思いを馳せながら・・・。

鹿島鉄道600形

(3月22日、浜駅にて。日本最古の気動車、600形を見送る)

PageTop