ものづくりノート

仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生をやってます。

ホームページの画面幅

ホームページの画面幅って、時代につれどんどん変わっているんですよ。
ちょっと前までは800ピクセルが推奨なんて言われていたのに。

最近はパソコンのモニタがどんどん広くなっているので、それじゃあちっちゃく見えちゃうんですよね。
いやはや、この世界は移り変わりが激しくて困ります。
おまけに今は、スマホ用の狭い画面まで考えねばならなくって。

そんなんで、頭の中で悩んでいても仕方ないから、画面幅の検討用ページを作りました。
とりあえずパソコン用ですが。
公開しておきますので、ホームページを作る方は参考にどうぞ。

「画面幅の検討用ページ」の画像
(画面クリック、もしくは下記のタイトルをクリックして移動)

画面幅の検討用ページ

PageTop

必携の品

コンベックス01

持ち歩き道具のひとつ。
小型のコンベックス。

PROMART ALA(原度器)


コンベックス02

建築現場等で使われる巻き取り式のメジャーである。
仕事柄というか性分というか、事ある度に測りたくなるので、必携の品

これは、2代め。
1代めは、店で箸の長さを測ろうとした時に、バラバラに崩壊してしまった。
つい先日のことである。

黄色いボディカラーがお気に入りだったのに・・・。
後ろにある小さな留めネジがなくなってしまっていたので、こうなることは時間の問題だった。
直したくても、内部機構がさっぱり分からないので諦めるしかない。

以前購入したホームセンターでは、扱いを止めてしまっていた。
黄色は廃盤になり、現行品は赤とシルバーのみ。
仕方ないから赤を、アマゾンで注文した。

数日後、めでたくゲット。
赤というより、ダークレッド・メタリックと呼ぶべき色だ。
手にしてみたところ・・・前より一回り大きくなったような?

スケールの材質も、つや消し仕様になっていた。
こんな小さな物でも、改良(?)しているのだな。

留めネジも、改良されていると良いのだけど。


ということで、新しいお供は今日から出勤。
よろしく。

PageTop

「Re1920記憶」展の準備

「Re1920記憶」展の準備01

いしまるさんより、チラシが届きました。

打合せの段階から、いろいろ聞いているわけだけど、
やっぱり、チラシの力はそれに勝る。
ひと目で分る。ひと目で興味を引く。
このイベント面白そう、行ってみようと思わせる。

長らくこの仕事をしていますが、再確認してしまいましたよ。


ところで、

「Re1920記憶」展の準備02

私も、ちゃっかりチラシに載せていただいておりますので。。。
よろしくお願いします。


こちらでのチラシ配置場所は、現在のところ、

・真岡鐵道 真岡駅の待合所
・水戸芸術館ミュージアムショップ「Countrepoint」

です。
もしかしたら、水戸芸術館エントランスのチラシコーナーにも、あるかもしれません。


昨日は、展示作品のエスキースをひたすらやっておりました。

「Re1920記憶」展の準備03

卓上で良いアイディアと思っても、とにかく作ってみないとダメなのです。
作っては灯し、作っては灯しの繰り返し。
まさに、キッツー。

えぇ、立体作品はなかなかに手強い。


イベントの詳細は、
Re1920記憶サイトで。

PageTop

告知ハガキのデザイン

珍しく、本業ネタ。

個展ハガキのデザイン

母が個展を開催する予定。
その告知ハガキを製作ちう。

クライアントさん、依頼が遅いよ。
なんとか校了。あとは印刷所に入稿するところまで来たけどさ。
おいおい、である。

PageTop

仕事人

3月前半は確定申告。
申告書はもちろん自分で書く。
毎度ながら、所得額が低くて書くとこシンプルだけど、それでも面倒。

後半は車検。
自分で車検場に行くことにしているので、手間がかかる。
手間はお金で解決できるけど、ここは毎回譲れない。

仕事の方は、
ここ数週間で、ロゴマークを1件、鉄道ヘッドマークを1件仕上げた。
昼間の勤務があるので、休みの日と早朝の時間は、これらの仕事に充てる。
今は、某運輸団体のマニュアル作り。
原稿の文字打ちを含む、25ページ分のレイアウトは、キックゥー。
文字打ちまで自分でやっていたら、かなり時間をロスしそうだったので、相方に手伝ってもらった。
感謝!

話変わるけど、2月にハワイに行って来た。
ブログで報告したいところだけど、これはまたの機会に。

PageTop