ものづくりノート

仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生をやってます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

日本でも発売、RICOH THETA

全天球カメラ、RICOH THETA(リコー シータ)
1ショットで、360度丸写しできる。

RICOH THETA

すでに海外で先行発売されていたのだけど、日本でも買えるようになったね。

1月9日放映の、NHK「まちかど情報室」に取り上げられていたので、喜んじゃったよ。
これは久々に面白いカメラなので、そのうち手に入れたいな。
肝心の購入タイミングだが、安くなってから買うか、それとも2代め以降になってから買うか、それが問題。。。

リコーって面白い着眼点の製品やサービスを出すのだけど、周りに理解されず消えることも、けっこうあるでの。
クラウドストレージのQuanpは閉鎖しちゃったし、私のGXRも生産打切りに向かって進みゆくような雰囲気だし・・・ (T_T)

THETAもいつまで持つかな〜と思うと、買い時が難しいんだよねぇ。
まー、AppleのiPodみたいに、大化けすれば文句なしだけど。

スポンサーサイト

PageTop

GXR再修理にいじやけ、K-01を見に行く

ちっ。

GXRまた修理

年末年始に修理に出したリコーGXR。ちゃんと直っていなかった。
再修理だよ、ちきしょうめ。

ったく、リコーってヤツは。
確実に仕事したい時に当てにならんのは、XR-8 Superのころから変わらんわ。
さすがに怒った!?
もうウチの子じゃありません!?

ということで、カメラを見に行った。
ミラーレス一眼カメラが、ペンタックスからも発売されたからの。

K-01カラバリ

じゃあ~ん。
PENTAX K-01 カラーバリエーション。
右2つには、自分のレンズを付けてやった♪
(右から、MC Mir 20mm F2.5, SMC PENTAX FA43mm F1.9 Limited)

従来からなるKマウントレンズが使える、というのがポイント。
でも、そのおかげでカメラのサイズを小さくできなかったのが弱点。
とくに、厚み。

K-01持った感じ

・・・ということらしいが、私的には問題ないレベルだった。
むしろ、

K200D持った感じ

今使っているK200Dの方が、分厚くてホールドしにくくて気に入らない。
(カメラをにぎる手の幅が違うの、わかります?)


とはいえ、同じようにレンズユニットが交換できるGXRと比べると、

K-01とGXRとの比較01

大きさの差は歴然。

K-01とGXRとの比較02

とくに、厚み!!

GXRは手に馴染むからね~。その点、ペンタは厳しいね。

それから、K-01は大きなレンズを付けた時に苦しい。
全ての情報を液晶画面で確認するしかないので、ホールドが難しくなる。
長玉を付けたら、やっぱり一眼レフに勝る物はない。

まあ、元々一眼レフは、望遠レンズを使う時に真価を発揮するカメラだから、当たり前だけどね。

ということで、K-01。
広角系単焦点レンズを取付けて、スナップ写真を撮る人にお勧めできるカメラである。

私の購入は・・・うーん。
安くなってきたころに、また考えるかの。
それまでは、K200Dを使い倒した方が良いかも。
最近あんまり使っていないので、いざ撮影の時にダメダメなのよ。
カメラじゃなくって、私が!

PageTop

PENTAX Qを買った

私が、ではない。
相方の話である。

しかし、店で交渉したのは私だから、大物を捕らえた達成感みたいなのは、あるワケね~。


こちら、純正キャリングケース。

ペンタックスQ01

これ、今出ているカタログには載っていない品物。
前から存在していたが、店に置かれるようになったのは最近だそうで、それも今のところ、ヨドみたいな大手でしか実物が見られないそうな。


開けると、こんな感じでカメラが出てくる。

ペンタックスQ02

あと、もう1個くらいレンズが入ると思う。


ペンタックスQ03

とにかく、ちっちゃいちっちゃい。
これでちゃんとしたレンズ交換式一眼カメラなのだから、さすがはペンタックスである。


さて、ここいらで購入メモ。
近所のカメラのキタムラでは、ネットで購入契約すると、66,800円(カメラ下取りで、さらに1,000円引き)。
この辺では最安と思ったが、オブションの同時購入を考えると、ヨドバシカメラの方がお得であると気付く。

PENTAX Q Wレンズキット・・・71,200円
ポイント還元(10%)・・・・・・・・・7,120円
(実質購入価格・・・64,080円)

まず、上記のカメラセットを買い、その時に発生したポイントも使って下記のオブションを購入する。

キャリングケースO-CC172・・・4,800円
ケンコー 液晶プロテクター・・・300円
ケンコーPROプロテクター40.5mm×2・・・3,320円
-----------------------------------------
合計・・・・・・・・・・・・・・・・・8,254円

さらに、現在はメーカー側で5,000円キャッシュバック・キャンペーン中(1月31日まで)なので、申請すれば、5,000円が返ってくる。

・・・これで、オプション含め、実質67,334円で買えたというワケ。
私は十分納得である。

PageTop

GXR、ようやく帰還

年末から修理センターに預けていたRICOH GXRが、ようやく帰還。

GXRの帰還

年末年始にかかったために、えらく時間がかかった
この長い不在期間のおかげで、カメラをもう1台増やすハメになる。

ピントが合わなくなったのは、P10レンズユニットの問題。
光学系の調整と点検で、修理料金9,240円(税込)。
今回、ボディ側の異常は見当たらなかったが、念のため各部点検と機能テストを行い、料金1,575円(税込)。
合計、10,815円也。

何となく釈然としない。
初期不良の時も感じたが、宅配修理サービスは何とも歯がゆい。
それに、点検程度で今まで料金なんか取られたこともなかったので、余計に釈然としない。
サービスセンターに直に出していれば、どうだったのだろう?
少なくとも原因や修理内容の話は、もっと詳しく聞くことができたろうに。

往復の交通費がバカにならんが、やっぱり銀座に直接行った方が良いかしら。
でも今後、修理の機会なんかない方が良いけどさ。

とりあえず、毎日のメモ撮りはPXに任せるので、コヤツの出番は減るね。
その分、酷使する機会も減るので、中のレンズがずれたー!なんて問題はなくなるだろう。

ただ・・・そうなると、ちょっと中途半端な立場になってしまうGXRである。

PageTop

また買った、カメラ

はあ、なぜか買ってしまったコンデジ、RICOH PX。

リコーPX

(撮影:RICOH R1v)

GXRは入院中。
中のレンズがずれたのか、遠目でピントが合わない。
原因は、毎日持ち歩いて揺らし過ぎたのか・・・?

自転車乗りなら、多少なりとも衝撃は付き物。
しかし、それが原因で故障ばかりされると、しんどい。

んで、防塵、防水、耐衝撃仕様というのに惹かれ、またもやリコーです。

ホンマは90%、こちらに決めていたのだけど、、、

ペンタックス Optio RS1500

PENTAX Optio RS1500
(写真は、どこかのカメラレビューサイトより転載)

着せ替えできるコンセプトが面白く、120gと超軽いので、体に巻き付けても楽と思ったのに。

通販する前にケーズデンキに行ってみたら、どちらも展示されていて、
触ってみたら・・・あっという間のどんでん返し。

よくやるパターンです、私。
実物を見るのが、いちばん説得力ありますよ、やはり。

9,800円のところ、値切って8,800円に。
ついでに、8GB(Class 6)SDカードも1,980→1,500円にしてもらって、合計10,300円で手に入れました。
やっすいなあ。

PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。