ものづくりノート

仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生をやってます。

近況報告

お久しぶりです。
訳あって、ブログが放置となっていました。

私の近況です。

4月より、前任地とは違う某研究所に契約職員として採用されました。
仕事内容は所のホームページ制作や更新作業。
昨年8月より6ヶ月間、職業訓練に通った甲斐がありました。

と、ここまでは良かったのですが、問題はここから。

4月14日、出勤前の自宅玄関先で倒れました。重症貧血でした。
貧血の原因は、子宮筋腫による大量出血
1年ほど前から月経のたびにそのような状態が続くようになり、そろそろ更年期かしら?なんて呑気に構えていたことが仇になりました。

女性ならば、Hb(血中ヘモグロビン値)12以上が正常値のところ、Hb3.6
体から血の気が失せ、蝋人形のような形相になります。
舌先が痺れて痛み出し、頭に霞がかかったり頭痛が止まらなくなります。
心臓の鼓動がやたらと身体中に響くようになります。
血液中の酸素が足りず、十分な酸素が送られないために心臓が頑張っている証拠ですが、それはすなわち心不全を起こしているということです。

こうなると、ちょっと動くだけで息も絶え絶えです。自分でアクションを起こすのは到底無理。
相方は不規則な勤務で不在のため、まずは妹に迎えに来てもらい、実家に移動。
実家近くの婦人科クリニックで診察を受けました。

4月17日、クリニックからの紹介状を握りしめ、筑波メディカルセンター病院へ。即日、緊急入院

重症貧血で輸血

輸血した血液製剤(赤血球)

2日間に渡り輸血(200ml献血に換算して10人分の量!)を受け、症状が安定した4月20日、一旦退院

4月27日、子宮筋腫摘出出術のため、再入院
4月28日、手術
1週間の入院生活を経て、5月3日、退院

現在は、引き続き実家にて療養中です。

切った下腹部は、我慢できなくはないがシクシク痛むし、そのせいで積極的な生活は全くできていません。無論、今は仕方のないことですが。

今まで、手術、手術と簡単に言ってきましたが、いざ体験してみると、全身麻酔、お腹を切るという荒療治は、身体にとっては非常に過酷なことのようです。
ぶっちゃけ、身体にとっては包丁で斬りつけられたのと何ら変わりはないのです。
だから熱が出る、血を止めるために血小板が増える、心拍数が上がる。
おまけに、全身麻酔により自力呼吸もできず、人工呼吸器の世話になっている。

まさに手術中の私の命は、医療現場に全てお任せ
しかし、これらの治療を受けなければ、いずれ私は死ぬところまで行っていたわけで。

自分は健康だと過信していたこともあり、この1年に渡り、自分の症状がどんどん悪くなっていたことに全く気付きませんでした
本来、Hb3.6しかない患者は意識がなくなってもおかしくない状態なのに、なんと私は、病院内をトコトコ歩いていたのです(急な動きをしなければ)。
ゆっくり進行する貧血は、身体が慣れてしまうのだそうです。

毎年受けていた健康診断も、昨年は忙しさにかまけて見送っていました。
そういう時に限って、とんでもないツケがやってくるものですね。
自分が貧血であると疑い出したのは、倒れる前日のこと。
ある意味、おめでたい人と言わざるを得ない。。。

しかし、それほどまでに私の昨年1年間は、肉体的にはもちろんですが、それ以上に心理的に非常にハードだったと思うのです。
自分の健康をないがしろにしてしまうほど、何らかのプレッシャーに捕われていたということでしょう。
もう、あのような状況には・・・なりたくない。

さて、私は命拾いしました。
言い古された言葉ですが、やっぱり健康あっての人生です。
そのベースがあるからこそ、上に色々な物を載せられるのです。
そのことを噛み締めつつ、これからを大切に生きていきたいと思います。

何気ない1日でさえも、今は輝いていますよ

退院記念写真
術後の退院記念
(今回の件では、どんな状況でもカメラを手放さない自分自身に驚愕した)

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

ビックリしました!

いや~~とんだことになっていたのですね。
それでも無事に退院できておめでとうございます。
まずはご自愛下さい。
元気になって、自転車も音楽も楽しめるよう祈ってます。

アルファ | URL | 2017-05-12(Fri)11:07 [編集]


ご心配をおかけしました

びっくりですよね。
私もびっくりしました・・・。

自分が健康だと過信している人間ほど、こんなことになるのかもしれませんね。

自転車は、ママチャリはいいけど「本気モード」のは止められてます。
(私の性格をよくご存知のお医者さまで、釘刺されました)
まー、腰を立てるなんてこと、今はできないし・・・。

注意深く養生しまーす。

のり | URL | 2017-05-12(Fri)18:25 [編集]


のりちゃん!退院おめでとー!!
何はともあれ、
のりちゃんの写真を見れて安心しました^^
また連絡します。(笑い話は控えめに…^^;)

てくてく | URL | 2017-05-16(Tue)20:19 [編集]


ありがとう!

この間の電話とこのコメント、ありがとうね。
記事はえらく深刻ぶってるけど、ひとたび喋り出したら、ただの笑い話になってしまうのだー!!

のり | URL | 2017-05-17(Wed)07:43 [編集]


驚きました、、、

大変でしたね。お加減いかがですか?
久しぶりにブログ拝見して驚きました。。
無理しないでご自愛くださいね。
ALOHA!

nyaomi | URL | 2017-05-18(Thu)09:06 [編集]


驚きますよね

本人も驚いています(笑)
自分が健康だと過信していた結果ですわ。。。

でも、だいぶ良くなりました。
ゆっくりした動きならば、日常生活も送れるようになっています。
飛んだり走ったりするのは、もう少し後ですねー。

完治したら、この病院でハワイアン・ライブできたらなと思っています(そういうボランティアがあるようです)。

のり | URL | 2017-05-18(Thu)09:31 [編集]