ものづくりノート

すたじおKoki'o(すたじおこきお)の仕事人、「のり」のブログへようこそ。グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生です。

こんにちは。すたじおKoki'o仕事人、「のり」のブログへようこそ。
グラフィックデザイナー、ハンドメイド洋服作家、初心者ウクレレの先生をやってます。
ハワイアンが好きで、バンドを組んで演奏もします。

自己紹介のホームページは、こちらです。ぐるぐる回ってます(笑)

すたじおKoki'oには仲間がいます。そして、いろんなことをやっています。
服を作る工房、ウクレレ教室。ハワイ好きなら気になるリボンレイ教室も。
スタジオ入口はミニショップです。ハンドメイド作品(服、小物)、ちょっと古い道具、古書なども扱います。
ミシンレンタルスペースもやっています。
オーナー(私)が、ちょっと古い物が好きなので、最新鋭のミシンは使いませんし、ありません。
その代わり、質実剛健、一生頼れるミシンが相棒です。
昔懐かしの足踏みミシンがありますよ。興味のある方は、ぜひどうぞ体験しに来てください。
ご連絡は、おくむらのりこ.JP内のお問い合わせフォームまで。

では、ごゆっくりとお楽しみください。

PageTop
巾着型のウクレレケースを試作してみた。

オールド・ルナ2台とウクレレケース
(クリックで画像拡大)

修理した生徒さんのLUNA No. 320と、自分のパイナップルNo. 18でLUNAづくし。

裏地はキルティングを使用。
実際に作ってみると、要改良な部分が出てくるね。

これは生徒さんに進呈しようと思っている。

元々このウクレレが入っていたケースが、昔仕様のペラペラ&キチキチなタイプで、出し入れがけっこう大変。
それが原因で、またウクレレ壊されちゃったら困るよねー、と思ったから。

PageTop
車検の日がやってきました。
3年ぶりです。

そうそう、昨年の3月に車を変えたのです。
つーか、変えざるを得なくなりまして・・・事故で。

国道を走行中、左脇道から対向車線に侵入しようとした車に思いっきり突っ込まれましたの。
たまったもんじゃなかったわー。
えっ!? そのタイミングで来る?? あり得ん。
ブレーキ踏んでも衝突は絶対避けられない。
一瞬でそこまで考えるのよ。人間の脳ってすごいよね。

そしてアルトは泣く泣く廃車することに。
代わりに見つけてもらったのが、中古のダイハツ・ハイゼットカーゴ箱バン!!
相方のエブリに続き、私も箱バン!!
2人揃って、箱バン!!

1年車検付きだったので、自分としては3年ぶりの車検となったのです。
その間になんと、車検場が引越しちゃっていました!

引越し先は、TX万博記念公園駅のそば。一等地。
(写真は全て、クリックで拡大)

新車検場 検査コースの建物

広くなったーーーー!!

土浦にあった時は、繁忙期になると検査車両が溢れて外にはみ出していたのです。
しかしこちらは、コースが1つ増えて合計3コース。
もう、そんなこともないかもね。


新車検場 事務所の建物

6月は比較的ヒマみたいです。


いつもの初心者マークを借りる

何度も車検を受けているのに、しらばっくれて初心者を装います(笑)。

検査コースは撮影禁止なので、写真はありません。

車は右サイドウインカーが点灯せず、あわや不合格になるところでしたが、本体をギュッと押してみたら点灯しました。
どうやら接触不良だったようです。焦ったー。

車検有効期限シールをフロントガラスに貼った

そして平成32年6月まで、公道を走ることを許可されました。
やれやれ。

PageTop
前記事、ウクレレ修理の続き。
(写真は全てクリックで拡大)

接着してから1日後、クランプを外して圧着状態を確認。
念のため、気になる箇所に再度接着剤を注入し、さらに半日置いてから弦を張る。

修理が完了したウクレレ、LUNA No.380

ビンテージ楽器なので、流行りのハイテンション弦を張ることは避ける。
昔からのド定番、GHSの黒弦でさえ不安を感じるので、透明な弦にしておきたい。

余談だが、ここ10年でハイテンション弦ばかりが流通するようになった。
Aquila(アクイーラ/ブランド名)とか、フロロカーボン(素材名)とか。
ぱっと聞き、きらびやかで派手で印象が良くなるからだろう。

おかげで、昔ながらのナイロン弦のバリエーションが少なくなった感がある。
でも、それってどうなんだい?
猫も杓子も右向け右はやめてくれ。


修理したブリッジ部分

接着修理したブリッジ部分。
けっこう綺麗に仕上がったと思う。


弦は、こちら。

使用したマハロ弦の外袋、表面

まさかのMAHALO
どのような経緯で入手したかは覚えていない。

MAHALOと言えば、玩具レレの代表格みたいなブランドだが、弦は意外にもけっこう良くて驚いた。
かつて愛用していたが廃盤になったVinci弦とちょっと似ている。


使用したマハロ弦の外袋、裏面

本来は1度高いアメチュー用だが、普通にGCEAでチューニングする。
(とりあえず、これでテンションは低めになる)

気に入ったので追加購入したいが、どこを探しても話題になっていない。
それどころか、本家のサイトにさえも掲載がない!
これまた廃盤か?
不安定供給なところも、MAHALOらしい・・・。

しかし、良いと思った物が手に入らないのはしんどいなあ。

ということで生徒さんにお返しするまで、しばらく弾いてチューニングを繰り返し、弦を安定させることにする。

PageTop
ブリッジが飛んだウクレレを修理ちう。

ウクレレのブリッジを修理中
(クリックで画像拡大)

LUNA No. 320(ルナ楽器製造のオリジナル。キワヤ製ではない)。
生徒さんが、彼女のお母さんから譲り受けた物とのこと。
当時、お母さんはヤマハに勤めていて、社販で購入したと。
なぜにLUNA?
その頃のヤマハは、まだ自社生産してなかったのか?

ブリッジが吹っ飛んだのは、チューニングの際に弦を引っ張り過ぎたからだろう。詳しくは聞いていないが。
よくあることだが、ビンテージ楽器には致命的打撃になる。

ということで、ちょっと預かってやってみようと。

楽器製作の定番、タイトボンドを使って接着し、深型クランプで圧着(ちなみにクランプはヨドバシカメラで購入)。
この状態で1〜2日置いておく。ちゃんと接着して欲しいところ。
うまくいったら、テンション低めの透明弦を張ってやろう。

PageTop
立て続けに出張なり。
今度は代々木公園で開催されるエコライフフェア

飯田橋駅前ビルにあるユースホステルに宿泊ちう。
カプセルホテルより、ゆとりがあっていいなあ。
キッチンもあるので自炊もできる。今、何か作ってる人がいるよ。




19階にあるので、



こんな夜景が見られる。

さて。
今は旅行気分でいられるが、本番は明日。
そろそろ寝るかな。

PageTop